うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

宣伝(水路の夢)

0

     Kindle本と、マンガ図書館Zとのために、現在、電子書籍になっている本を宣伝しています。

     90年の「水路の夢」は、私の水準(実力?)からすると、かなり書けた本なのですが、ヒットとは行きませんでした。なにしろ、ジャンルがなんだか分かりませんし。幻水省を名乗る、謎の集団と、季里たちが闘う――というのは、そうですね、「テラ戦士Ψ BOY」ということになるでしょうか。

     この小説は、前作「夏街道」にも増して、季節感や風土感(ってことばはないんですが、まあそんなもの)を細かく描写する、と同時に、私がやってみたかった「マンデルブロー図形」を試してみました。「マンデルブロー図形」については、説明しきる頭がないので、各位調べていただくとして、すなわち、冒頭の季里が眠っている樹とそこに住まいするアリ、平らなプレートの墓碑とその中央に立つメモリアルタワー、逝川高校の図書館塔とその下の建物、西新宿の町並みと三角ビルに代表されるタワー、と、同じ対比構造を、スケールを変えて繰り返す、というものです。

     それがなんだ、と言われると、何を言っても無駄でしょうが、もともとこの物語は、当時、一年に一度、保養に行っていた奥多摩、鳩ノ巣渓谷の国民宿舎で、夜、すぐ裏を流れている多摩川の源流を聴きながら、同時にPSY・Sの「レモンの勇気」を聴きながら不意に思いついたもので、そのつながりがうまくつながるよう、「夏街道」にも、若干、直しを入れています。

     小説には遊びが必要だ、と私は思っていて、それが正しいかどうかは分かりませんが、「水路の夢」は、TOKON10のサイトでも評価していただきました。「東京を舞台にした小説」、という連載に私のほうから持ち込んだ(署名のみお伝えしただけです。文章には一切、関わってはいません)ので、いささか夜郎自大ではありますが、出来レースではありません。TOKON10実行委員会の名誉のために、明記しておきます。

     季里のシリーズは、音楽と深い関係を持っていますが、この辺で、ぎりぎり時代とシンクロしているかな? ぐらいの感じなのですが、3部作の予定が、ここまでの2冊で中断して、タイミングを逸しているのは、売れるとか売れないとかの問題ではなく、当時、ばたばたっと担当者が2人替わり、その3人目の担当者の方に、売り込むのを忘れたからです。バカじゃなかろうか。

     もっとも、企画が通っても、書けたかどうかは分かりません。現在、水淵季里のブログ「水淵季里のつぶやき」で、第3作「神の冬 花の春」を、「本来こうであるはずだった物語」として、書いてみていますが、難しいものですね……。

     もうひとつ書いておくと、「水路の夢」は、最初は原稿用紙300枚分あったのが、アニメージュ文庫の方針で、50枚、削りました。元のデータが残っていればいいんですが、どこかでなくしてしまいまして。「バックアップ」という観念がなかったんです。当時、私は98ノート(初代)を使っていたので、フロッピー(ということばが常に死語)にでもとっておくべきだったなあ……と思いますが、削って何も支障はなかった(と思う)ので、それでいいのかもしれません。

     とまあ、こういうわけで、季里のシリーズ、第一セクションは終わったのですが、続きを書きたい、という気持ちは、10年間やむことはありませんでした。

    仕事 | permalink | comments(0) | -

    宣伝4(水淵季里シリーズ)

    0

       長編で出ている絶版本で、私の代表作とされているのが、水淵季里シリーズで、全6冊、3セクションあります。

       第一セクションは、1988年、デビュー作として書いた、「夏街道」と、90年の続編「水路の夢」、第二セクションは、ずっと飛んで01年の「夏の鬼 その他の鬼」と、04年の続編「精霊海流」、そして、第三セクションは08年の「ずっと、そこにいるよ。」と、15年ぐらいに(すみません、正確な記憶がありません……)マンガ図書館Zでオンデマンド出版した「何もない、夏の一日。」。この六作です。

       「夏街道」は、何しろ私、小説の書き方を知らないもんですから、初稿などはむちゃくちゃで、ヒロインがふたりいたり、これは担当のFさんが体を張って止めたのですが、後半(Side-B)を完全に書き換えるとか……いろんなことがありました。

       そもそもこのシリーズは、邪霊と超能力者集団が闘うアクション小説の予定で、言ってしまうと「V・マドンナ大戦争」のつもりだったのですが、そのアクションがあまりにもひどい、と見たFさんが、後半の素案を提示して下さったのですね。世に出て、評判はみごとに二分しました。素人から毛を三本抜いたような作者だったので、まあ、無理もないと思います。

       ただ、「センチメンタル・ホラー」(と、自分で名乗っています)としては、拙いながらもやりたいことをやり切った、というのが正直なところです。。実力よりは、よくできている、と言いましょうか。特に、センチメンタルが。

       そういえば、当時、熱烈なファンレターも、いただきました。それは全部、イラストの川原由美子さんに惹かれて買ったら、意外に面白かった――というような内容でしたが、これは私の戦略でもあったので、うれしい限りでした。いまもライトノベルはイラストですねえ……。

       で、続きの「水路の夢」は……と書こうとしたところで、これについて書くと、寝られないぞ、と気がつきましたので、きょうのところはこの辺で。「夏街道」、稚いですが、私には傷ましい夏の血漿です。

       その後の「水路の夢」は、間に2冊、本をはさんだので、出来としてはやや向上したつもりですが、いまでも「夏街道」が好きだ、と言って下さる方がいらして、とてもうれしく、ちょっと物狂おしくなります。

       

       

      仕事 | permalink | comments(0) | -

      宣伝3(マンガ図書館Z)(Kindle本)

      0

         さて、興奮も収まったところで……、って興奮してたんかい。とりあえず、宣伝の続きです。

         今回は、水淵季里の出てくる長編、または連作短編です。

         Kindle本について書く前に、季里の出てくる作品は(ゲストで出てくる「あしたも、友だち〜となりのウチナーンチュ」、及び、雑誌「コサージュ」に2作だけ載った短編は除く)、「マンガ図書館Z」で、無料で読める、ということです。

         正確に言いますと、「精霊海流」「ずっと、そこに いるよ。」は、イラストが載っていません。イラストレイターの許諾が得られなかった(「ずっと、そこにいるよ。」は版元から版権を引き上げたので、絵の方には連絡が取れていません)のが、理由です。

         では、有料のKindle本ではイラストが載っているか、というと、川原由美子さんから承諾をいただいた「夏街道」「水路の夢」「夏の鬼 その他の鬼」と、これは季里のシリーズではありませんが、派生した作品と思っていただいている「夏の悲歌」も森田悠新さんの許可をいただいた作品です。

         あともうひとつ、「何もない、夏の一日。」は、紙の本では出ていませんが、これにはイラストがありません。

         

         個々の内容については、順次、紹介していきますが、とりあえず、無料でも読めますよ、ということで。

         

        仕事 | permalink | comments(0) | -

        宣伝2(Kindle本)

        0

           早見慎司名義で出ているKindle本には、もうひとつ、長編があります。「世界戦の上で一服」です。300円かな。

           この作品は、当初、設定がありませんでした。ヒロインのエリスが形になって、急に書けるようになりました。

           もやもやとした案はあったのですが、形にならず、1ヶ月ぐらい煩悶していたのが、川原由美子さんの新作「PARK」という読み切り漫画を読んでいたら、ふいに形になって、一日に80枚ほど書けました。三分の一ですね。

           なんだかんだで、正味10日ぐらいで、初稿はできました。最速記録です。

           

           なんというか、東京散策、みたいなものが書きたかったのですが、その面から見れば、その通りだと思います。

           昼の世界(現実の世界)、夜の世界(虚構の世界)、黄昏の世界(昼と夜との緩衝地帯)、という世界の設定が、なんというか「意識の高い人」には、カンに障ったようで、一が嫌いなら十が嫌い、という感じの書評がいくつか出ました。嫌いは嫌いでいいんですが、問題は、それがことごとく、内容を読解できていなかったことで、例えば、「主人公はもちろん、敵の亜影王も作者の分身だろうが」、というのをかなり著名な方が書いていらっしゃいましたが、どうして、エリスが作者の分身でないのか、私には、ちっとも分かりません。そんな小学生レベルの読解力で、よく物書きをやっていられるものだ、と思います。

           まあ、そんなわけで、「日本幻想作家事典」で取り上げられて、ようやく書いてあることがやっと分かっていただけた作品ですが、たぶん、私の怒りも「作者の分身」なのでしょうから、気になる方は、読まないほうがいいか、と思います。

           まるでアピールになっていませんが、私がかなりアグレッシブだった時代の産物です。

          仕事 | permalink | comments(0) | -

          宣伝1(Kindle本)

          0

             他人様から、「お前は自分のKindle本を宣伝していない」、という話が来ました。

             言われてみれば、電書での作品については、触れていませんでしたね。まあ、ちょっと忙しいという理由もあったのですが、そんなことを言ったら、電書は売れません。罰当たりなことです。

             私の作品は、Kindleから出ていますが(他の出版社からも出ています)、早見慎司、早見裕司、両方の筆名になっております。自分で自分の作品を宣伝するのもこそばゆいのですが、何しろ万人が快哉を叫ぶほどのものではありませんので、ここに、宣伝を書いておきます。

             

             まず、早見慎司名義のもの。すべて短編です。一作100円程度と、お得になっております。

            ●逃げ水姫――初めて「異形コレクション」に乗った話です。夏の日に、平凡な大学生が、下宿でウォッカを飲んでいて、酔いが回ったのか、気がつくと、別の世界へと来ている――という、最近の私が書かない(書く場所があればいくらでも書きます)リリカルなロウ・ファンタジイで、きれいな話です。

            ●実家――これは「悪夢が嗤う瞬間」に乗せたショートショートです。久しぶりに実家へ帰ってみると、実は――という話です。ある方からは、「XXXXXが1000枚書けて書くところを、10枚に凝縮してある」、と言われたのですが、別の知人からは、「だからどうしたの」、と一顧だにされませんでした。私の短編は、意味がよく分かられないようです。

            ●罪――これも「異形コレクション}から。このときのお題は「トロピカル」だったと思いますが、東京を舞台にした、死と転生の話です。ジャパネスク・ホラーではありませんが、私にとっての「トロピカル」とはこういうものだ、というお話です。

            ●後生車――「異形コレクション」の一遍。後生車とは何か、はさておいて、1999年ブームに毒された人間の話です。私にとっては、怖い話です。

            ●アズ・タイム・ゴーズ・バイ――「黄昏ホテル」(e-novels) に載った作品です。ホテルをテーマにしたアンソロジーのひとつで、ちょっとアメリカの異色作家を意識して書きました。私には珍しく、常ならぬものが出てこない、語り口で勝負した作品です。

            ●あたしのもの――青樹社から出た、「恐怖館」というホラー・アンソロジーのひとつ。登場人物が、みんな嫌な奴で、人間としてもどうか……という設定で書かれたものです。綾辻行人さんか井上雅彦さんのどちらかから、「早見さんでも怖い話が書けるじゃない」とほめていただきました。ただ、意識の高い読者の方には、評判が悪かったようです。

             

             以上が短編作品ですが、Kindleだけではなく、パピレスなどの大手配信業者、その他、携帯などでも出ています(私はガラケーなので、携帯についてはよく分からないのです。ごめんなさい)。

             あまりうまい説明とは言えませんが、少しでも興味を持っていただければ、幸いです。

             他の作品については、長くなったので日付を分けて紹介します。どうぞ、よろしく。

             

            仕事 | permalink | comments(0) | -

            季里は大学を受けました

            0

               自分のブログで、正式発表するでしょうが、水淵季里は、西東京文理大を受験しました。

               季里に、このまま永遠の女子高生を続けさせるかどうかについては、本人とさんざっぱら討論したのですが、本人の希望で、自分のブログでは、歳を取っていきたい――と言うので、きくことにしました。

               私がこれから、どれくらい、季里の物語を書けるのかは分かりません。けれど、折りに触れて、企画を出していきますし、最低でも、未完になっている「神の冬 花の春」は、完成させなければなりません。

               まあ……季里を書き続けていなければ(書ける場があるとして、ですね)、私はもうちょっと楽な道を歩めたかもしれないのです。

               けれど、私と季里との出逢いがなければ、私はとっくに小説家を辞めていた。これも、事実かと思います。

               どうすることが、季里にとっていちばん幸せな道なのかは、これからも、季里と話し合ってみなければなりません。

               ですが、1人でも、季里のことを思っている人がいる限り、私は、諦めないつもりです。

               なんか最近、こういうことを考えていると、宗教入ってるな、と思います。

               宗教と違うのは、宗教ならあっという間に本が書けるだろうなあ……と思うんですがね(同時に、売れるかもしれませんが、まあそんなことを考えるのかは、ゲスですが)。

               とにかく、季里は間もなく、大学生になるか、第三の人生を歩むことになるでしょう。

               私は、彼女の声を聴くだけです。

               

              仕事 | permalink | comments(0) | -

              特別講義

              0

                 昨日の午後、名護市にある沖縄高専へ講演に行ってきました。
                 いやー、緊張しました。前もって、内容等の準備はしていたのですが、ふと気がついて、「受講生は何人ぐらいでしょう」と訊いたら、「150人ぐらいです」、と。ひゃくごじゅう? 私の本の読者と同じぐらい……いや、さすがにそんなことはありませんが、ひとつ、ふたつ、たくさんしか数えられない私としては、大いに緊張しました。
                 いざ会場の視聴覚ホールに入ってみると、たしかに100を超える学生の方々の目が、こちらを向いています。そのとたん、頭が完全にフリーズして、内容が頭からぱーん、と飛んで行きました。
                 幸い、主催の網谷厚子先生、いいパスを回して下さった翁長志保子先生、面白い質問をして下さった学生の皆さんなどのおかげで、なんとか乗り切りました(心よりありがとうございます。)が、足から始まって、体中が震え出し、声が震えないようにするのが精一杯で、用意した内容の半分ぐらいしか話せなかったのですが、そのぐらいのほうが、聴きやすいらしいことが分かりました。あと、受けを取りに行ったとき(何をしているんだ俺は)、いい反応もいただきました。
                 小説家は、大勢の前で話す機会がほとんどないので、貴重な体験になりました。
                 改めて、ありがとうございました。
                 

                仕事 | permalink | comments(0) | -

                黒ノ十三

                0

                   「黒ノ十三」は、PS(初代)向けの、サウンドノベルです。

                   当時、まだ原稿を残しておく習慣がなかったので、自分で書き起こすのも面倒だな……と思っていたら、ニコニコ動画で生中継をやって下さっている方がいらしたので、それを元に、原稿を再び、書いてみました。いや、これが時間がかかる。まあ、一本で400字詰め50枚程度あるので、当たり前なんですが、三本起こすのに、4,5日はかかりました。

                   私が担当したのは、「雨に泣いている」、「彼女の図書館」、「女嫌い」の三つで、ちょうど某社の新刊が発売延期になって四苦八苦していたところに、監修の綾辻行人さんが、「書いてみませんか」と声をかけて下さったものです。

                   「雨に泣いている」は、一発で決定、「彼女の図書館」はラストを、ゲーム読者(っていうのも変ですが)向きに、ハッピーエンドに書き直したもので、「女嫌い」は、綾辻さんからは、びしっ、と言われたのですが、当時の私に直すスキルがなかったので、とりあえず、提出したものです。

                   綾辻さんは物腰の優しい方なので、「女嫌い」は、「10年ぐらい寝かせて、書き直してみるといいよ」、と言ってくださったんですが、今回、テキストに起こしてみると、まあ、なんと言いましょうか……ごめんなさい、と世界に叫んで脱兎のごとく走り去りたい気持ちです。こんなにひどいとは、思っていませんでした。

                   絵と音に助けられて、「こわい話」とはまあまあ言えるんですが、とにかく文章がなってないです。

                   どういうものかごらんになりたい方は、ニコニコ動画で探してみて下さい。

                   何はともあれ、この「黒ノ十三」のおかげで、私はホラー作家の端っこに入りました。それ以前には、雑誌「コサージュ」の短編(これも、「奇談」というくくりには入ったり、入らなかったり)しか書いたことがなかったのが、これらの作品を書いたことで、太田忠司さんに誘われて「悪夢が嗤う瞬間」(ケイブンシャ文庫)に参加したり、井上雅彦さんに「異形コレクション」(廣済堂文庫、光文社文庫)にお呼びがかかったり、津原泰水さんに「12宮十二幻想」(講談社文庫)に誘われたり、とにかく楽しい時間を過ごしたものです。

                   最近は、短編を書く機会が少なくなっていますが、またなんとか、書きたいものです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  仕事 | permalink | comments(0) | -

                  頑張れペアレンタルコントロール(やや暗い)

                  0

                     前に書いていたら、ごめんなさい。

                     少し前に、「Mr.サイレント」をいま、読んだという女の子から、メールが来ました。「Mr.サイレント」を読むとお分かりになりますが、ヒロインの中垣内真理香は、独自のメールアカウントを持っていて、そこへメールすると、私ではなく真理香が返信をします。この辺の、登場人物と私との距離感は、長く読んでいただくと、分かりますね。いや、分かってもらわないと困るのですが。

                     で、その読者の子は、図書館で真理香アカウントを知った、というので話していたのですが、何を使ってネットアクセスしているのか訊いたら、3DS だというので、ずいぶん若いなあ、と思いました。

                     そのメールが、最後となって、その子は突然メールをくれなくなりました。私は、読者については、来るものはときどき拒む、去るものはときどき追いかける、なので(なんの話だっけ)、飽きたのかな、と思って、でもメール2通で飽きると思えないし……と、ちょっともやもやしていたんですが、最近、気がついて、ああ、これはペアレンタルロックをかけられたな、と。

                     そりゃそうですわねえ。「見知らぬどこかのおやぢが女の子になりきって、若い女の子とメールのやりとりをする」、というのは、誰が見ても、危ないおやぢです。もっとも、私が真理香になりきっている、というのは、私の場合、違うのですが、たぶん説明しても分かってもらえないでしょうし、真理香のメールが届くということは、迷惑メールなども来る可能性はあるわけで……。

                     まあそういうわけなので、その子の親御さんはしっかりしているんだなあ、と思いました。

                     私としても、私の作品の読者が、ネットの毒牙にかかるのは当然、望みませんし、いいことだ、と思います。

                     

                     それを踏まえた上で、世知辛い世の中だ、とも思います。

                     「Mr.サイレント」を書いていた頃は、一日ふた桁の感想メール、あるいは真理香へのメールが来ていて、うれしい悲鳴をあげていたのですが、もう、そういうのは、ほぼ犯罪になってしまうのだなあ、と。

                     これからは、ちゃんとした運営会社の下で、「中垣内真理香」は架空の存在であって……みたいに告知してやるしかないのかなあ、と思うと、淋しいですね。それに、その方が、何やら課金商売になってしまいそうでもあります。

                     私に言えるのは、真理香と季里は、これからもメールアドレスを持って、読者に対峙するであろう、ということです。

                     あのとき3DSでアクセスしていた子どもが、大きくなって、いろんなことが自分でできるようになって、そのとき、私のメソッドが分かってもらえて、こういう「遊び」に乗ってくれるのなら、私は大歓迎であります。

                     ただ、真理香の存在のあり方が、分かってもらえることが前提ですが。

                     「登場人物は、作者の頭の外にいる」、という認識論ではけっこうアタリマエのことが、分かってもらえるなら、ですが。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    仕事 | permalink | comments(0) | -

                    一生の不覚(飯塚定雄さん)

                    0

                       私が、文字でお金をもらい始めたのは、幻のSF雑誌「SFイズム」からなんですが、そのとき、ライターとして、編集のHさんと、特撮合成のトップ、デン・フィルム・エフェクトへ取材に言ったんですね。お話は、主に、光学撮影の中野稔さんがして下さっていたんですが、隅の机で、黙々と絵を描いていらっしゃる方がいらして、それが代表の飯塚定雄さんだったわけです。

                       で、ここからが恥なんですが、私、飯塚定雄さんって、何をした方か、全然、知らなかったんです。

                       今ならネットでいくらでも調べられますし、あるいはちょっとネットでつぶやいてみれば、タコ殴りにされる、と思うんですが、私の手許には、ファンタスティック・コレクションが2冊ぐらいしかなく、まだアニメージュに入っていなかったんで、池田憲章さんや徳木吉春さん、中島紳介さんといった方とも知り合いではなかったもので、貧困なる知識で、「『ウルトラマンのタイトルバックを描いた人』」、と誌面で紹介してしまったんです。

                       それから何年かして、飯塚さんが、地球防衛軍とかキングギドラとかに始まる、東宝特撮の光線作画を、ものすごい量、描かれた方だ、とようやく知って、私、真っ青になりました。特撮ファンの恥、オタクとしての底の浅さ、まさに一生の不覚でありましたよ。

                       飯塚さんは、どれとは言えないんですが、(この辺Wikipedia には不満があります)今もまだ、光を描いていらっしゃるようです。何か機会があったら、お詫びしたい、と思います。

                       

                      仕事 | permalink | comments(0) | -