うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スーパームーン

0

     今夜は、スーパームーンでした。

     ベランダからじっ……と見ていたんですが、ごめんなさい。私には、誤差の範囲内ぐらいにしか見えませんでした。

     私は、生まれ持って夢のない性格です。まだ30代ぐらいのときに、若い女性、まあ、ただの知り合いなんですけど、その人と話をしていて、何かの流れで「早見さんは、超能力が使えたら、何をしたいですか」、と訊かれたんですね。で、私の口からとっさに出たことばは、「そうですね。トイレの水槽が水漏れしているので、それを直したいです」、と……いまから思えば、大馬鹿野郎ですね。ひどいもんです。

     負け惜しみで書いておきますと、そういうわけで、私はあまり、もてるほうではないんですが、人間なんて、一生に一度、もてればいいんです。のろけと取ってくれてかまいませんが、私は、肝心のそのひとりだけには、もてました。

     まあ、この歳になると、後は夫婦で肩寄せあって生きていくしかないんですが、別に不幸だとも、損をしたとも思ってはいませんです。

    日常 | permalink | comments(0) | -

    こわれる

    0

       もうずいぶん前になりますが、台風のあとが、家に、置き土産を追いていきました。

       まず、前からあった外壁の亀裂。これが大きくなって、雨漏りがするようになったので、その対策。つまり、換気孔の交換と壁塗り。次が、水タンクの掃除をしようとして、業者を呼んだら、掃除どころか、給水ホースが無造作にテレビのアンテナにくくりつけてあって、このままだとホースが外れるのも時間の問題、一度外れたら、天井が水だらけで、大きな水漏れを起こす、というようなことが分かって、予算はないんですが、やらないわけにはいかないのであります。

       今年はとにかく、ものが壊れる年で、気をつけてはいるんですが、こういうのは、まとめてどん、と来るのが困ります。DVDレコーダーも怪しいしな。

       まあ、いちばん壊れて困るもの、私自身が壊れているので、なんともいえないんですが。

       

      日常 | permalink | comments(0) | -

      「あの」カレンダー

      0

         そろそろ来年のカレンダーが、売り出される季節です。

         去年、のんきに構えていたら買い漏らした、システム手帳用のダイアリーは、今年、早く気づいて、無事に買ったのですが、月めくりのカレンダーがありません。

         私が欲しいのは、昔なら出入りの業者がくれる定番だった、赤と黒で古めかしいデザインの、……って分かりますかね。数字が大きくて、記入欄はいらないので、六曜なんかがこちゃっと書いてある、「あの」カレンダーなんですが、これがなかなか見当たりません。いや、この際だから記入欄も認めましょう。とにかく、「数字だけ」みたいな感じのカレンダーが欲しいのです。できれば、ごく小さいものがいいですね。

         なかなかいいのがないので、いまはパソコンのソフトで「壁カレ」というのを見ているんですが、ウインドウに隠れて見えないことも多く、やっぱり「あの」カレンダーがいいよなあ……と。

         カレンダーぐらい、ソフトで作ればいいじゃん、と言われそうです。数年前までは、市販のソフトを使って、作っていたのですが、ソフトの操作性の問題もあって、面倒くさいことになりまして……。

         ぐちぐち言っているのもなんなので、とりあえず、密林の中へ探しに行きます。

         

         

         

        日常 | permalink | comments(0) | -

        「猫の皿」

        0

           いくら出演者が豪華でも、お笑いの番組を4時間、というのはどうかと思うんですが、結局見てしまったので私の巻けです。

          (なんの話か分からない方は、スルーしてください)

           でまあ、その「演芸グランドスラム」ですが、トリが当代円楽で、「猫の皿」を持ってきました。いまの円楽の落語は聴いたことがなかったんですが、「猫の皿」をやりまして、私はなるほどなあ、と思ったんですが、かみさんは初めて聴くそうで、「面白かった〜」、と言っていました。

           どの辺がなるほどなのかと言うと、この噺は、「わははは」ではなく、「なるほど〜」の方の噺ですが、比較的時間が短く、わかりやすいので、この辺から落語に入ってもらえれば……ということでしょうね。

           とりあえず、XXXXXやXXXXを前座にしてしまった円楽の勝ち、ということで。

           

           

           

           

          日常 | permalink | comments(0) | -

          沖縄は、秋

          0

             エアコンが効き過ぎる、と思って、外へ出てみると、それ以上に涼しくなっていました。沖縄は、秋・認定です。

             どうも、秋になると、やる気が削がれるのですが、ここから本格的な冬になるまでが長いんで、まあ、電気代は節約できる、ということでいいか……。

             短い夏だったね、チャーリー・ブラウン。

             

             仕事のほうは、ゆっくりと進んでいます。以前より(どのくらい以前かは分かりませんが)、自分の原稿を自分で読めるようになったみたいです。

             人間、怖いものを知ると、仕事は停滞しますが、少しでも質を上げられれば、と。

             

             

            日常 | permalink | comments(0) | -

            私は、無事です。(「シン・ゴジラ」話あり)

            0

               なんだか見出しが、季里のブログみたいになりますが、実は、ブログに書くようなことは、ひとつもありません。「シン・ゴジラ」は観たので、感想を書こうかと思いましたが、まだネタバレ解禁にはなっていないでしょうし、いまさら書くような、実のある話も書けそうにありません。ただ、私の心の中で、市川実日子の株が急上昇した、というぐらいでしょうか。

               いや、かなり前から(ドラマ「すいか」を見たときだと思います)市川実日子は好きだったんですが、熱烈なファンだ、という意識はありませんでした。それが、「シン・ゴジラ」では、ゴジラと対峙するかっこよさとセリフ回しが、映画に大いに寄与している、と感じています。今回のゴジラの造り方をご存知の方はお分かりのように、ゴジラはゆっくりと動くので、ゆっくり動くことを仕事にしている人が「演じて」います。その対極にいるのが市川実日子で、タイプライターのように話しまくります。その対比が面白い、と私は思います。

               ……これぐらいは、話しても怒られないかな。とにかく、久しぶりで「東宝映画作品」を観て、興収50億を叩き出した、と聴いて、私は非常に満足しています。

               

               まあ、このぐらいにしておきますが、私は、概ね無事です。定期的に書いておかないと、死亡説が出るほど仕事が形になっていませんので、近況報告はしていくつもりです。

               みなさんもお元気で。

               

               

               

              日常 | permalink | comments(0) | -

              お詫び

              0

                 このブログなんですが、ふだんは見直して直す、ということは(初期はありましたが)いまはほとんどありません。

                 ただ、どうしても直さないといけないときがあって、私がうっかり睡眠導入剤を呑んでから書いた文章です。

                 睡眠導入剤を飲むと、書けないし、誤字脱字だらけになるんですが、つい薬を飲んでから「あ、ブログ忘れた」、と思うと、だめなんですよねえ……。

                 どうも、ご迷惑をお掛けしております。ちなみに、ひとつ前のエントリーについては、変なところを一部、直して起きました。

                 ちなみに、睡眠導入剤は、正規の医師から、正規に処方されたものを、寝る前だけ正規に服用しているものであります。念のため。

                 

                日常 | permalink | comments(0) | -

                まあまあ生きてます

                0
                   10年ぐらい使っていたデスクトップパソコンが故障して、修理に出しています。
                   で、バックアップ用のノートパソコンを出してきて、この文章を書いているのですが、どうも目が回ってきます。安物だからかなあ。とりあえず、仕事は遅々としてながら進めていますし、健康面の不安も今のところありませんので。
                   もうちょっと書こうとしたのですが、いま、急に来客の連絡があったので、積もる話はいずれまた。
                  日常 | permalink | comments(0) | -

                  経口補水液

                  0
                     仕事の関係で、経口補水液の味を書かなければならなくなり、きょう、一本、買ってきました。
                     うちのかみさんは、「まずいでしょう」と言うんですが、まあ、おいしかありませんけど、言うほどまずいものでもありません。アクエリアスを水で薄めたようなもんです。
                     経口補水液が出てくる、ということは、当然(でもないか)、夏を舞台にした話です。何かの統計で、夏が好きな人は、全体の17%
                    ぐらい、と聴いたことがあり、その番組(テレビで見ました)によれば、春と秋とに集中しているんですが、私は、どうしても、夏から始めてしまいますね……。
                     夏といえば、沖縄では、今年は空梅雨なのか、雨が降る降ると言われているんですが、なかなか降りません。予報では、もっと降っていいんですけどね。
                     沖縄も、最近ではダムの整備が左官で、水不足に悩まされることがすくなっているので、空梅雨でも……いや、そこまではわからないんですが。
                     観光で着ていた頃には、7月に来ていました。こらが、梅雨も明けて、台風がまだ来ない、ちょうどいい季節だったんです。
                    日常 | permalink | comments(0) | -

                    ルームドライヤーについて

                    0
                       沖縄は、うりずん(若夏)の季節を迎えました。暑いです。
                       この、短い季節が終わると、たぶんGW明けには、梅雨が来るかもしれません。部屋の湿度計を見ると、湿度がかなり高いですね。
                       ここ、仕事場では、この冬にエアコンが壊れまして。まあ、前々から調子は悪かったんですが、ぜんぜん効かなくなったので、ちょっと無理をして(多くは語りませんが……)、ダイキンのエアコンを買いました。
                       どうしてダイキンにしたかというと、1)業務用のノウハウのあるメーカーだから、2)塩害処理がされているから、3)書庫のルームドライヤーと同じメーカーだから、です。
                       ルームドライヤーというのは、ダイキン独自の製品で、小型のエアコンに見えますが、除湿機です。エアコンのようにパイプで水分を排出してくれます。
                       これがまあ、効くこと効くこと。設置以来数年、書庫を護ってくれています。
                       ただですね……ときどき通販サイトで確認しているんですが、ダイキンは、この画期的な商品を、生産中止にしてしまうらいしんですね。これは打撃が大きい。ふつうの、可搬型の除湿機だと、3時間に1回ぐらいで一杯になるので、けっこうたいへんなんですよ。「ルーム」は除湿してくれませんしね。
                       もし、ルームドライヤーが壊れたら、小型のエアコンを取り付けて、ドライモードにしたらどうか、とも考えているのですが……とにかく、ルームドライヤーには、あと20年は保って欲しい、というのは期待のしすぎですね。はい。
                       がんばれ! ダイキン。

                       
                      日常 | permalink | comments(0) | -