うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

トラックボール、並びに電子辞書

0

     トラックボールが壊れましてね。

     ただ壊れただけならいいんですが、私が使っていたトラックボールは、すでに欠品になっていて、つまり同じものを買い換えることができないわけです。

     で、代わりのデバイスを調べてみたんですが、いい感じのがなかなかない。ひとつ、ユニークな形状で使いやすそうなのがあったんですが、1万8千円だそうです。

     ひとりバブル(2006〜2011年)の頃の私だったら、十秒と考えずに買っていた(それもたぶん複数)でしょうが、すでに白い巨塔は崩壊し、年収X桁の私には、ちょっと無理ですね。そうでなくても、ジャパネットで10回払いで電子辞書買いましたし。

     まあ、とりあえず、1万8千円の仕事が発生することを祈りつつ――。

     話は変わって、その10回払いで買った電子辞書、まあ役に立つことと言ったらありません。

     10年とか、そういうスパンでの過去に、電子辞書を買ったことはあったんですが、当時の電子辞書は、バッテリーがすぐ上がってしまって、コンテンツとか操作性とかいう以前の代物でした。

     それが、いまのものは(シャープのBrain)、充電式なんですが、一回充電すると、二週間ぐらいは平気で保ちます。また、起動がめちゃくちゃ速いです。おかげで、辞書を引く回数が飛躍的に増えました。

     パソコンにも、辞書をいろいろ入れてあるんですが、そっちを起動するのにざっと7秒。電子辞書は、2秒。この差は、大きいです。

     ただ、値段で妥協したので、ニッポニカ(百科事典)の入ったタイプは買えなかったのですが、百科事典で調べること、なんていうのは十秒ぐらい待っても、どうってことはないですからね。

     ここから先は、純粋な好みの問題になりますが、これから電子辞書を買う人で、それまで広辞苑を使っていた方は、広辞苑の七版が搭載されるまで、待った方がいいのではないか、と愚考します。私は大辞林が好きなので、それを重視して買いましたが。

     紙の辞書に比べてどうなのか、ジャパンナレッジはどうなのかは、また暇なときにでも……。

    仕事の道具 | permalink | comments(0) | -

    机横の倒壊事故

    0

       仕事場の、机の脇の山が崩壊しました……。

       まあ、大人なので、泣きながら片づけますが、しかしまあ、仕事に必要な、あるいは必要だった物も、野放図に積み上げたのが崩れると、それはまさにカオス。山の中から、ウィルキンソンの炭酸水の空き瓶が3本出てきた日には、殺意を抱きましたぜ、ふっ。

       写真をアップすると、その逆インスタ蠅えするのですが、実は、その写真を撮ったデジタルカメラのSDカードを読むリーダーを探していたら、こんなことになったのでして……情けないなあ。

       ひと眠りして、落ちつきたいのですが、カオスの山は寝床に土砂崩れのごとく崩れ落ちていて、アウトなのであります。ああ、やるんじゃなかったなあ……。

       

       

      日常 | permalink | comments(0) | -

      QX>Vz風キー定義&マクロの、Shift+カーソルが選択モードになるとき

      0

         知らない人が読んでも、なんのことだか分からないと思いますが、誰か、これが気になる人がいたときのために書いておきます。

         テキストエディタ「QXエディタ」には、「QX>Vz風キー定義&マクロ」というものがあります。ベクターで検索すると、かなり古いマクロですが、これを使うと、QXエディタが往年の名ソフト「Vzエディタ」(4.0位まででしょうか……)のようなキー配列で使えて、物書きには便利なソフトです。

         ……というので使っていたのですが、パソコンを乗り換えてから、特にShift+カーソルでのページめくりが、できなくなっていました。マクロやキー定義ファイルを書き直してみても、どうしても選択画面になってしまいます。

         それがこの度、item さんとおっしゃる方から、「その他−共通設定−編集」とメニューをたどって、「Shift+カーソル移動は選択」という所に、デフォルトで入っているチェックボックスのチェックを外してみては、とアドバイスをいただき、一発で、悩みが解決しました。itemさん、並びにQXのMLの皆様、ありがとうございました。

         ほとんどの方には、必要のない情報かも知れませんが、必要な方には有用な情報なので、書いておく次第です。

        仕事の道具 | permalink | comments(0) | -

        フレデリック「TOGENKYO」

        0

           今回、題材が「水淵季里のつぶやき」、とかぶったのですが、これは相談して、Wで応援しよう、ということになりました。

           フレデリックの「TOGENKYO」です。YouTubeでは、いくつかの「桃源郷」が出てきますので、バンド名、曲名を正確に検索していただければ、と思います。

           季里も言っていたように、どこか懐かしいんですよねえ。バービーボーイズ……は、ちょっと違うな。とにかく、80年代の香りがして、それでいて、曲の世界観はいまそのもの、という感じです。私が音楽にもうちょっと詳しければ、的確な表現ができるのでしょうが、あいにく、その方面の語彙が不足です。申しわけありません。

           もう、Amazonで注文が始まりました。ぜひ聴いてみて、買ってみて下さい。

          音楽 | permalink | comments(0) | -

          大林宣彦監督「可愛い悪魔」

          0

             大林宣彦監督の「可愛い悪魔」、来年2月、DVD化が決定しました。すでに予約しました。

             私は、古いVHSソフトで持っているのですが、かなり劣化してきて(沖縄の塩害はすさまじいのです……)、そうでなくとも、大林作品は必死に買っていますので、大歓迎というところです。

             「可愛い悪魔」は、ごくオーソドックスなホラー映画(TVですが)で、岸田森が重要な役で出ていますが、どういうわけか、DVDにはなっていませんでした。いや、「どういうわけか」じゃないですね。VHSで出たっきりのソフト、というのがいくらでもあります。「可愛い悪魔」は火曜サスペンス劇場で、この枠の作品がソフトになることは少ないでしょうし。

             ひとつ、心配なのは、付録が「大林宣彦監督インタビュー」の小冊子だ、ということで、ご自分では映像に出られないのか気になりますが、できれば監督にはお元気になっていただきたいのと共に、この「可愛い悪魔」がきっかけとなって、同じ火サス、円谷制作の大林作品、「麗猫伝説」も、ぜひDVDにしていただければ、と思います。

             まあ、それを言い出したら、「姉妹坂」とか「四月の魚」とか「漂流教室」とか、DVDになっていない大林作品は、いくつもあるんですが。

             

             

            少女ヒーロー読本 | permalink | comments(0) | -