うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

賀正。20200101

0

     そういうわけで、年が明けました。おめでとうございます。

     私たちの年末年始は、雑煮の汁を作りながら、紅白を見て、21時頃には寝てしまいます。以前は長いこと、年越しのジャニーズのカウントダウンを見てから寝ていたのですが、さすがに歳を取ったもので、夜は早くなりました。

     けさは、雑煮にちょっとしたおせち風の皿を添えて、新年のあいさつをして、食べました。おせち風というのは、田作り数匹、昆布巻き2巻、紅白のかまぼこ、ハム、きゅうり……だいたいそんなものです。

     でまあ、なんだかんだ言っても、ゆうべはいつもよりは遅かったので、昼寝のあと、年賀状を整理し、一覧表を作ったところで、力尽きました。私ぐらいのレベルの小説家は、年賀状はもらうより出す方が多くなります。そういうもんです。来なくなったら終わり。満更、冗談でもありませんな。

     

     この一年は、読者の皆さんに支えられて、なんとかやってこられました。ここ数年、停滞していた仕事の方も、上昇しつつありますし、なんとかまだ、やって行けそうです。

     どうか、今年もよろしくお願いいたします。

     

     サイトの方ですが、8月に出た「かりゆしの島のお迎えごはん」の書影をまだ上げられていないていたらくで、お恥ずかしい限りです。ジュニア文庫博物館と、スマホ向けのページを作らないといけないのですが……まあ、がんばってみます。

     その前に、新刊の書影を――これは、まだ確定ではないので、上げられないのですが(一切、いやらしい想像がありませんように。単純に怠慢です)とにかく新刊を書くことですね、私の仕事は。

     1999年、『世界線の上で一服』の担当者から、「ホームページを作ると、少しは影響があるかもしれませんよ」と言われて始めたインターネットというものが、こんなに社会に影響するとは思いませんでしたが、スマホの時代ともなると、また勉強をしなければならなくなるとは思いもよりませんでしたが、もうちょっと悪あがきしてみようと思います。

     なにしろ、私はあと40年生きていないといけないらしいですから。

     悪い冗談だよね、これは。

     

     とりあえずその点では、エアロバイクを漕ぐことと、洗い物を始めています。

     話がそれたな。とにかく、今年もよろしくお願い致します。

     まずは、皆様のお元気と、私の元気もちょっとだけ、お祈りしておきます。

     では、そういうことで。

     あ、PCから読めるサイトのトップページは(スマホで読めなくはないがあまりに読みづらい)、松の内は恒例の正月仕様に替えて起きます。

     

     2020年が、良い年になりますように。

     

     2020

     

    日常 | permalink | comments(0) | -

    2019邦楽ベスト4(早見慎司個人ベストです)

    0

       そういうわけで、今年出た音楽で、買ったものからベスト4を選んでみました。一応、確認は取ったはずなんですが、2019年にリリースされた曲のはずです。まちがったらごめんなさい。

       

      4位 メロトロンガール(SOLEIL)こういう、おっさんの心をつかむ曲は反則です。表を入れないでいられないではないですか。

      3位 だから僕は音楽を辞めた(ヨルシカ)最近、定番になりつつある、「令和のリリカル」のひとつ。

      1位 愛にできることはまだあるかい(ALBAM ver.)(RADWIMPS)この堂々とした音楽の力を見よ! ってなもんですな。これ、Movie.ver の方がアルバムヴァージョンよりささやかだ、という点も、潔し。

      1位 勘冴えて悔しいわ(ずっと真夜中でいいのに)やっぱり私は、新しい音楽が好きなんだなあ……と思わされた一曲です。スリリングで、きれいで、いろんな意味で確かに悔しい。名曲です。

       

       以上が、ベスト4でした。5番目は、ちょっと決められませんでした。

       どなたか、5位を補完して下さる方は、いませんか。

       

      音楽 | permalink | comments(0) | -

      お知らせ(Kindle版について)

      0

         現在、AmazonのKindle版で、早見裕司作品集(「夏街道」「水路の夢」「夏の鬼 その他の鬼」「精霊海流」「ずっと、そこにいるよ」など。売り上げがないので、私も全体を把握していないのです。ごめんなさい)については、Kindle版では読めない、「取り扱っていない」と出ますが、これについて、本を提供したマンガ図書館Zからご連絡がありました。

         ひと言で言うと、仕様の問題です。

         これらの本は、マンガ図書館Zさんが、自前で古本を買い、PDF化して(つまり画像化して)本にしたものですが、Amazonから横やりが入りました。それは画像データであり、活字データではない、と。

         どういうことかというと、Amazonの小説本のKindle版は、Kindle端末を持っている方はお分かりのように、文字の拡大、縮小や、インデックス、その他の「機能」を持たせる仕様になっていますが、PDFである私の本では、それができない、できないものは、「小説」とは認めない、よって、どのジャンルの「本」でもない、ということのようです。

         まあ、誰とケンカをする気もありませんし、広告が入る、という問題を除けば、マンガ図書館Zで、無料で読めるので、私は「ああ、そうですか」というスタンスです。それに力を使っているよりは、新作を書いていたほうが、よっぽどよい。

         そういうわけですので、読者の皆様には申し訳ないのですが、「早見裕司」の旧作については、マンガ図書館Zで、無料で読んでいただくか、「夏街道」「水路の夢」はイラストがありませんが、電子出版パピレスでお買い上げいただきたく、よろしくお願い申し上げます。

         あっ、もちろんのことですが、舞台裏のつごうふつごうでご迷惑をおかけして、申しわけありません。

         電子書籍は、思うほど便利なものでもないなあ……と思うのですが、老眼の私には、医者の待合室などでKindleを読むときに、フォントが大きくできるのは便利でもあり、いたしかゆしです。

         

        仕事 | permalink | comments(0) | -

        Nコン高校の部・全国大会

        0

           前の日記で、Nコン高校の部・全国大会を、「詳細は分からない」、とうっかり書いてしまったのですが、よくサイトを読んでみると、ごく最近、放映日が決まったことが分かりました。12月25日(日)教育テレビでの放映になります。

           それあね、平日に放映するわけもないのですが、とにかく各ブロック代表の皆さんの、健闘をお祈りしております。

          音楽 | permalink | comments(0) | -

          珍しく忙しい

          0

             このところ、ブログの更新が遅れていますが、ここ20年ぶりぐらいに忙しいもので、どうかお許し下さい。何しろ、書き下ろし長編を2作、同時に書いています。

             1本は、「早見らしい」頭のねじが外れたようなファンタジイで、もう1本は、いまのところ内容は説明できないけど、まあ、はまればはまり、外れれば惨敗するようなXX小説です。

             気を持たせるようで申しわけないんですが、私は口の軽さで失敗しているので、この程度にしておきます。

             

             なお、Nコンの高校の部・全国大会は、いまのところまだ、テレビの番組表に番組が入っていません。「ザ・テレビジョン」を見れば、子細が分かる……かもしれませんが、ねえ……。

             

            仕事 | permalink | comments(0) | -