うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

[DJ883]「関ジャム 完全燃SHOW」2019ベスト

0

    「父ちゃんです。というわけで」

    「ブースカです。というわけで?」

    「『関ジャム 完全燃SHOW』という番組がありまして」

    「父ちゃんが、毎週録画して見ている番組ですね」

    「そういうときは、『見ている』ではなく『聴いている』では?」

    「まあ、細かいことを気にするのは、仕事のときだけにしておきませんか」

    「同感だね。……で、その番組で、2019年のベスト10選びということで、蔦谷好位置、いしわたり淳治、mabanuaの、『売れっ子プロデューサー』3人が、それぞれ去年のベスト10を選びました」

    「父ちゃんも年末に、個人的ベスト5を選んでましたね」

    「うん。でも、向こうはプロ中のプロだから、聴いている曲の量が全然違う。それに対して何か言うだけで傲慢、と思わないでもない」

    「ま、新年会と言うことで、無礼講と言うことで」

    「その3人が選んだ30曲の中で、私の選んだのと同じ曲が1曲だけあった。しかも、3人の中でも2人がかぶっている1曲なんだな、これが」

    「じらさないで下さい。何ですか?」

    「RADWIMPS『愛にできることはまだあるかい』です」

    「おお、直球ですね」

    「他が聴いたことない曲ばっかりだったので、鮮烈ですね。つまり、私のようなミーハーから、蔦谷好位置のような現場のプロまでが、好きだ、と言っている曲っちゅうことです」

    「うらやましくはありませんか」

    「人をうらやんでいたら、きりがないなあ」

    「とにかく、圧巻の一曲ということですね」

    「解説も面白かったんだけど、それは、番組のものなんで、ネタバレ(かな?)は止めておきます。とにかく、RADWIMPSおめでとうございます」

    「ございます」

     

    DJ | permalink | comments(0) | -

    おみくじ

    0

      「きのうは、かみさんに神社へ代参してもらってきました」

      「お守りですね。宗派は合ってますか」

      「分からないけど、まあ、縁起物だから」

      「おみくじまで引いてもらったとか」

      「そう、そのおみくじが、ちょっと問題でね」

      「まさか、凶ですか」

      「いや、中吉」

      「充分すぎるぐらい充分じゃないですか。何が不満ですか」

      「いや、それが、おみくじに和歌が書いてあって、「桜花盛りはすぎてふりそそぐ 雨にちりゆく夕暮の庭」、ってなっているんだよねえ」

      「……父ちゃん、だまされてるんじゃないですか」

      「むむむ……」

      「まあ、気にしないで仕事しましょう」

      「へーい」

       

       

      日常 | permalink | comments(0) | -

      [DJ883] ももいろ歌合戦

      0

        「松の内も明けましたねえ。ブースカです」

        「あっという間の正月だった……早見です」

        「年末年始の番組はいかがでしたか」

        「パッとしなかったねえ」

        「ももいろクローバーZでも、聴いていたらいかがですか」

        「すでにやっておるわ」

        「さすが、手が早い父ちゃん」

        「ほめてないわっ」

        「で、そのももクロは、年末年始の番組を、ネット配信でやったそうですよ」

        「それを見逃したのが、一ヵ月の不測……」

        「日本語が変です」

        「いいの、それはそれで。とにかく、ネットのことをすっかり忘れていたので、来年は」

        「来年はどうしますか」

        「やっぱり、紅白見て、ジャニーズのカウントダウンを見て、そば食って寝る」

        「あら腰砕けね」

        「紅白は、もう、内容はどうでもいいし、企画もどうでもいいの。ただ、このままだと年が越せないの」

        「めんどくさい父ちゃんですね」

        「で、今年は紅白どっちが勝ったんだ?」

        「見た、という前提で話していたはずですが」

        「疲れたので、まだ途中までしか見てない」

        「やれやれな人ですね」

        「まあ、今年はがんばりますよ」

        「いまのうちに、遅寝の練習ですか」

        「紅白はどうでもいいけど、細かいところには、まだ見るものはあるからね」

        「建て前ですね」

        「本音は、年中行事は変えない、ってことです。あ、RADWIMPS はよかったよ」

         

         

        DJ | permalink | comments(0) | -

        [DJ883] 配信の時代

        0

          「というわけで、だな」

          「というわけですねえ。開けましたねえ」

          「ま、たいていは開けるけどね」

          「去年の中で、気になったニュースはあるですか」

          「動画配信が、ぐいっ、と伸びたような気がするね」

          「それが憂き世というものですか」

          「そうかもしれないねえ」

          「父ちゃん、小説の世界には影響するですか」

          「そうねえ……まだ、紙の本媒体に、経済的には依存しているんだけど、医者の待合室が混んでいるときは、Kindleで池波正太郎の小説を読んでいたりするね」

          「収入的には、いかがですか」

          「お話になりません」

          「なんか、いい方法はないですかねえ」

          「もう20年ぐらい言っているけど、本にCMを入れたらどうなんだろう」

          「そうすると、書きたいことが書けなくなったりしませんか」

          「でもJASRACは、成り立っているよ」

          「むむむ……難しい話は、やめましょうか」

          「そうだね。とにかく、自分の仕事とその流通媒体について、真剣に考えてみないとね」

          「おう、がんばって下さい」

          「はい、がんばります」

           

          DJ | permalink | comments(0) | -

          賀正。20200101

          0

             そういうわけで、年が明けました。おめでとうございます。

             私たちの年末年始は、雑煮の汁を作りながら、紅白を見て、21時頃には寝てしまいます。以前は長いこと、年越しのジャニーズのカウントダウンを見てから寝ていたのですが、さすがに歳を取ったもので、夜は早くなりました。

             けさは、雑煮にちょっとしたおせち風の皿を添えて、新年のあいさつをして、食べました。おせち風というのは、田作り数匹、昆布巻き2巻、紅白のかまぼこ、ハム、きゅうり……だいたいそんなものです。

             でまあ、なんだかんだ言っても、ゆうべはいつもよりは遅かったので、昼寝のあと、年賀状を整理し、一覧表を作ったところで、力尽きました。私ぐらいのレベルの小説家は、年賀状はもらうより出す方が多くなります。そういうもんです。来なくなったら終わり。満更、冗談でもありませんな。

             

             この一年は、読者の皆さんに支えられて、なんとかやってこられました。ここ数年、停滞していた仕事の方も、上昇しつつありますし、なんとかまだ、やって行けそうです。

             どうか、今年もよろしくお願いいたします。

             

             サイトの方ですが、8月に出た「かりゆしの島のお迎えごはん」の書影をまだ上げられていないていたらくで、お恥ずかしい限りです。ジュニア文庫博物館と、スマホ向けのページを作らないといけないのですが……まあ、がんばってみます。

             その前に、新刊の書影を――これは、まだ確定ではないので、上げられないのですが(一切、いやらしい想像がありませんように。単純に怠慢です)とにかく新刊を書くことですね、私の仕事は。

             1999年、『世界線の上で一服』の担当者から、「ホームページを作ると、少しは影響があるかもしれませんよ」と言われて始めたインターネットというものが、こんなに社会に影響するとは思いませんでしたが、スマホの時代ともなると、また勉強をしなければならなくなるとは思いもよりませんでしたが、もうちょっと悪あがきしてみようと思います。

             なにしろ、私はあと40年生きていないといけないらしいですから。

             悪い冗談だよね、これは。

             

             とりあえずその点では、エアロバイクを漕ぐことと、洗い物を始めています。

             話がそれたな。とにかく、今年もよろしくお願い致します。

             まずは、皆様のお元気と、私の元気もちょっとだけ、お祈りしておきます。

             では、そういうことで。

             あ、PCから読めるサイトのトップページは(スマホで読めなくはないがあまりに読みづらい)、松の内は恒例の正月仕様に替えて起きます。

             

             2020年が、良い年になりますように。

             

             2020

             

            日常 | permalink | comments(0) | -