うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

[DJ883] メロトロンガール(soleil)

0

    早見「フライング・ハヤミです」

    ブースカ「また、わけの分からんことを……アシスタントのブースカです。……で、『メロトロンガール』ですか。細野晴臣をやるんじゃなかったんですか」

    早見「この曲を聴くと、細野晴臣にきこえるのだよ。ほれ」

    ブースカ「…………これ、細野晴臣じゃないんですか」

    早見「どうも違うみたいなんだな。で、CDを取り寄せてみたんだけど、あまりに遅いので、フライングでご案内することにしました」

    ブースカ「iTunesで見ると、作曲は別の人のようですねい」

    早見「そうなんだよね。ただ、このsoleilという人は、細野晴臣の『ハイスクールララバイ』も歌っているので、ややこしいという」

    ブースカ「あれ? 『メロトロンガール』、最後まで聴くと、ちょっと細野晴臣らしくないですね」

    早見「そうなんだよねえ……」

    ブースカ「この曲は、すでにオリジナルっぽいですね」

    早見「そうなんだよねえ……」

    ブースカ「きょうは、『そうなんだよねえ』しか言いませんね」

    早見「そうなん……いや、とにかく、80年代が一回りして戻ってきたような感じだね」

    ブースカ「うむむ……これはやっぱり、アルバムを通して聴きたくなりますね」

    早見「そう思わせるだけ、アーティストの勝ちなんだねえ」

    ブースカ「どっちにしても、かっこいい曲、ということでいいでしょうか」

    早見「うん。先人への敬意と、オリジナルの追求の両方がうまくマッチしたいい曲です」

    ブースカ「小説家なら、温故知新、ぐらいは言えないもんですか」

    早見「特に必然性を感じないなあ。……そういうわけで、ことばの足りない部分はありましたが、メロトロンガール、いいですよ」

    ブースカ「です。それでは、またあした、またはいずれ」

    DJ | permalink | comments(0) | -

    日本一不幸な人

    0

      ブースカ「父ちゃん、きょうも細野晴臣で行くんじゃなかったんですか」

      早見「それがちょっと面白いことになって、CDを取り寄せている所なんだな」

      ブースカ「まあいいですけど。それで、日本一不幸な人というのは?」

      早見「ずばり、三浦祐太朗です」

      ブースカ「山口百恵のお子さんですか」

      早見「ほら、そう言われてしまうでしょ」

      ブースカ「むー、たしかに」

      早見「せっかく『ミュージックステーション』に出ても、歌は『横須賀ストーリー』とか、お母さんの曲ばっかりだし」

      ブースカ「不幸ですけど、一定の需要があるのでは?」

      早見「売れれば幸せ、という人ならいいんだけど、一生かけてやる仕事じゃない、と思うのよ」

      ブースカ「オラはいいと思いますけど。そのうち、自分のための自分の歌が歌えるようになりますよ」

      早見「そうであって欲しいもんだねえ……」

      ブースカ「父ちゃんは、森羅万象をネガティヴにとらえすぎるんですよ」

      早見「森羅万象、かなあ」

      ブースカ「そうです」

      早見「まあ、いいでしょう。とりあえず、三浦祐太朗、歌はうまい方だと思うので、がんばって欲しいですね」

      ブースカ「紅白歌合戦に出したらどうでしょ」

      早見「それこそ、ノスタルジアバカの思うつぼだよ」

      ブースカ「ややっこしいんですね」

      早見「兎角此の世は住みにくい……というわけで、ちょっと待ってて下さいね」

      ブースカ「だ、そうです」

       

       

      音楽 | permalink | comments(0) | -

      [DJ883] ナイトトレイン・美少女(真鍋ちえみ)

      0

        早見「1坂本龍一には、3細野晴臣、ということで、細野晴臣の代表曲です」

        ブースカ「父ちゃんは、『ねらわれた少女』の方が好きだ、と思っていました」

        早見「それはそうなんだけど、『ナイトトレイン・美少女』には秘密がありましてな」

        ブースカ「映画『夏の秘密』の主題歌だから、というボケではありますまいな」

        早見「それはさすがに……。で、この曲の秘密というのは、同じ単語を2回重ねる部分があるのね」

        ブースカ「ふむふむ」

        早見「その部分を抜き出して、一語ずつ並べると、さあ、どうなるかな」

        ブースカ「えーと……と、父ちゃん」

        早見「面白いでしょ」

        ブースカ「というか、これは秘密のうちにしまっておいたほうが……」

        早見「まあ、こういう遊びができたのも、当時の鷹揚さだよねえ」

        ブースカ「そうですねい」

        早見「『ナイトトレイン・美少女』はYouTubeにあるので、大人の方の遊びにどうぞ。では、またあした、またはいずれ」

         

        DJ | permalink | comments(0) | -

        [DJ883] 恋はルンルン(伊藤つかさ)

        0

          早見「きょうは、私が iTuens を立ち上げたとき、必ず聴く曲を選んでみました」

          ブースカ「ルンルン、ですか……似合いませんね」

          早見「いや、こういうタイトルだし、実際こういう歌なんだけど、作詞:仲畑貴志、作曲:坂本龍一というりっぱなメンバーが、本気で作っているので、すごくいいのですよ」

          ブースカ「まあ、止めませんけど」

          早見「私はアイドル好きではないんだけど、いいものはいい」

          ブースカ「壁に飾ってある、『花のあすか組!』のポスターはどうなるんですか」

          早見「つみきみほは、アイドルじゃないよ。強いて言えば、……神様」

          ブースカ「もう、病気が止まらないですね」

          早見「そのおかげで、小説家になれたんだから、悔いなし!」

          ブースカ「……疲れたので寝ます。起こさないで下さい」

          早見「まあ、語り出すと何十枚でも書くから(実際、『少女ヒーロー読本』で書いた)、つみきみほの話は置いといて、『恋はルンルン』は、星勝の『愛はブーメラン』(「うる星やつら2」の主題歌)のように、ヴォーカルと伴奏のからみ合いの具合が、すごくいいんです。……では、アシスタントも寝たことだし、またあした、またはいずれ}

           

           

           

           

          DJ | permalink | comments(0) | -

          新刊カバー

          0

            書影そういうわけで(どういうわけなんだよ、まったく)新刊8/24頃発売の、メディアワークス文庫、新刊書き下ろし「かりゆしの島のお迎えごはん」のカバーが発表になりました。うまく思った通りにアップできているか、心配ですが……Amazonで予約が始まっていますし、一般の書店でも、いまのうちに予約しておけば、手に入るかと思います。なにしろ、部数が少ないものですから、よろしくお願いいたします。

             このカバーを描かれたのは、転(くるり)さん。気鋭の絵師さんであります。見ての通り、細かい描き込みがすばらしく、とても気に入っております。転さん、ありがとうございます。

             この本は、8年ぶりの書き下ろし小説ですが、別になまけていたわけではなく、悪戦苦闘していた、という感じです。この本が売れれば、本格復帰ということになりますでしょうか。

             物語は、南西諸島のひとつ、嘉例吉島(かりゆしじま)の、夏の朝から始まります。いわゆる、ほっこりあやかし系の物語ですが、貴種流離譚とは微妙に違う、ノンストレス小説です。

             売れますように……。

             

             


             

            仕事 | permalink | comments(0) | -