うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 私の負けです>美少女 | main | 未発表短篇「マスク」 >>

「青蘭国後宮みがわり草紙」書影

0

     今月25日発売の新刊、『青蘭国後宮みがわり草紙』(メディアワークス文庫)の書影(ここではカバーデザイン)が解禁になりましたので、ご報告したいと思います。

     スマホなどではそのまま載せるとデータが大きくてご迷惑をおかけしますので、サムネイル(左の小さな画像)を乗せました。画像をクリックすると、もっと大きな絵が出て来ますので、ご興味のある方は、やってみて下さい。

     大変きれいなイラストとデザインで、作者冥利に尽きる、というものです。ありがたいですね。

     物語は、南方にある島国・青蘭国で霊媒師をしていた少女が、姉の子どもを守るため、陰謀渦巻く王宮に乗り込んで……という、まあよくある話と言われてしまえばそれまでなのですが、そうですね……とりあえず、読みやすい本だ、と自認しております。

     なお、青蘭国は、架空の国です。ベースには、琉球の風俗を参考にしましたが、あくまで、沖縄そのものではありません。ただ、読んでみると、南方らしく見えるようにはしています。この辺、誤解があって、Amazonなどを見ると、「近年は在住する沖縄を舞台にした小説を多く手がけ」、というようなことを書いてありますが、いちいち訂正をするのが大変なので、放置してあります。ですが、私の場合、かつてあっただろう沖縄の離島や琉球国をモデルとして、言ってしまえば都合のいいように世界を作っているのです。

     その辺は、ご理解いただきたい、と思います。

     今回、ページ数の都合で、あとがきが書けなかったので、ここで言いわけしておきます。

     あとは、読んでいただけば、分かるようになっておりますので、ぜひお求め下さい。

     以上、新刊のお知らせでした。では、また。

     

     

    仕事 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする