うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 9月に新刊『青蘭国後宮みがわり草紙』が出ます・早見慎司 | main | 「青蘭国後宮みがわり草紙」書影 >>

私の負けです>美少女

0

    「父ちゃん、きょうは何の愚痴ですか」

    「いやあ、愚痴というか、世間にすみません、という感じなんですけどね」

    「聴くだけなら、聴きますよ」

    「うん……私は、『美少女』ということばが大嫌いなのね」

    「理由は?」

    「論理的な理由はない。ただ、使いたくないんだよ。それが……」

    「何かあったんですね」

    「最近、『日本国語大辞典』(初版)を、やけで買ったんですね」

    「その話は聴いたような気がしますが」

    「それで、ふと思い立って、『美少女』ということばがあるかどうか調べてみたら、『浮世草子』に出てくる、というのね」

    「『浮世草子』ってなんですか」

    「江戸時代に流行った、通俗小説で、代表的なものは『好色一代男』とか、そういうの」

    「ぜんぜん古いじゃないですか」

    「そうなんだよ……。無理を言って、『少女ヒーロー読本』のタイトルを変えなかったのが恥ずかしい」

    「まあ、ひとつ単語を覚えたと思えばいいじゃないですか」

    「それでも、使うのには抵抗があるけどね」

    「そこが父ちゃんの情けない自意識というやつですよ」

     

    仕事 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする