うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [DJ883} 『クールな恋』オーロラ三人娘 | main | 9月に新刊予定です。 >>

「夏と少年の短篇」片岡義男

0

    「むうん」

    「きょうは、なんの愚痴ですか。ブースカです」

    「いや、それがね、片岡義男の本が、急に読みたくなったのよ」

    「片岡義男」

    「そう」

    「面白いの?」

    「とても」

    「あなたは、何冊か持っていらっしゃるのでしょう」

    「持っている、と思っていたんだ」

    「ないの?」

    「ほとんど、ないね」

    「だったらあなたは、古本を買わなければならないのね」

    「片岡義男の古本は、コンディションが悪いものが多くてね」

    「でも、あなたは買うわ」

    「どうして」

    「それはね……ええい、なんですか、この会話は」

    「いや失敬。片岡義男を真似てみました」

    「全然、似てませんよ」

    「まあ、たまにはいいじゃないの。そういうわけで、片岡義男の本が10冊ぐらいあったと思うんだけど、いま、2冊しか見つからないんだよ」

    「古本で探したらいかがですか」

    「あるにはあるんだけど、コンディションが悪……これは、いま言ったね」

    「言いましたね」

    「保存状態が悪いのには理由があってさ。この人も筆が速いので、町場の古本屋で、「西村京太郎、山村美紗、赤川次郎、片岡義男の本は買取致しません」、と注意書きが張り出されていたんだよ。だから、古本屋にはなかなかない。特にエッセイが面白いんだけど、それもない」

    「残念ですね」

    「残念というか、軽い憤りを感じています」

    「どうにかならないんですか」

    「Kindle版での復刻が進んでいるらしいんだけど、高いんだよねえ……今月は、ブルーレイレコーダーが壊れて、買い直したから、当分はお金が使えないんだよ」

    「それは、言いわけです」

    「また厳しいことを」

    「ほんとうに欲しかったら、買うでしょ」

    「いや、ほんっっっとうに、お金がないんだってば」

    「だったら父ちゃんは、記憶で再現するしかありませんね」

    「やっぱり」

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    小説 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする