うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< うわあ | main | 本当に、本は売れているのか >>

雑談(2020.03.11)

0

    「ども。アシスタントのブースカです」

    「その発言だけ見ると、イタい人だな。父ちゃんです」

    「で、父ちゃん。ブログも書かないで、何してるですか」

    「ひたすら惰眠をむさぼっているなあ」

    「仕事しないですか」

    「気が乗らなくてねえ……」

    「理由をきいて欲しい、という間ですね」

    「まあね。問題は、コロナウイルスなのよ、結局」

    「父ちゃん、誰かと濃厚接触したですか」

    「いや、私は元気です。出版社が動かない、というか動けないの」

    「なるほど。お客様の問題でしたか」

    「あと、本が出ても、書店に客がいないので売れない、という事情もあるらしいよ」

    「なるほどなるほど。それはお気の毒」

    「まあ、これぐらいですね。私に言えるのは」

    「あと一年ぐらい、どうにかなりませんか」

    「無理。きっぱりと」

    「言い切りましたね」

    「収入がないということは」

    「ことは」

    「職業小説家としては致命的。書庫の本を全部売り払っても……いや、いま、父ちゃんが持っている本では、売り物にもならないだろうよ」

    「まさかこんなことになろうとは」

    「完全なディストピアだね」

    「何を言っても不謹慎と言われそうですね」

    「ねえ」

    「こうなったら、籠城しますか」

    「そうなってしまうと、日本の経済が衰退するんで、適当に消費活動をして、あと、無理にでも笑わないといけないんだよ」

    「じゃあ、R−1のビデオでも見直しますか」

    「そう言えば、アンタッチャブルが……」

    「むりやり話してますね。寝ましょうか」

    「……寝ようか」

     

    日常 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする