うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【再び宣伝】「かりゆしの島のお迎えごはん」早見慎司 | main | ローカルニュース(「ハッピーアイランド」) >>

[DJ883] 黒く塗りつぶせ(矢沢永吉)

0

    早見「というわけで、1977年の曲です」

    ブースカ「父ちゃんが、こういう曲を好きだとは思いませんでした」

    早見「どうしてだろうねえ。『時間よ止まれ』とかは、そんなに響くものがなかったんだけど、この曲は特別なんですよ」

    ブースカ「まあ、すなおに、かっこいいですね」

    早見「私がこの曲をここで取り上げたのは、『ミュージックステーション』で生で歌うのを見たからなんですが」

    ブースカ「ベタな理由ですね」

    早見「音楽というのは、向こうからやってくるものなんだよ。小説と同じく」

    ブースカ「なんか、いいこと言って、好感度上げようとしてませんか」

    早見「好感度なんか知るかい。私が思うのは、70越したような人が、いちばんホットなステージングを提供してくれる、っていうことね。100歳時代ってことばは大っ嫌いだけど、矢沢永吉なら、100歳になっても歌ってるかも知れないなあ、っていう素直な感動を持たせてくれるところに、この人のすごさもあるし、その後で歌った新曲も、またいいんですね。もう、新曲なんか歌わなくてもいいだろう、ぐらいのキャリアじゃないですか」

    ブースカ「それを言ったら、父ちゃんももう、ラノベ作家から足を洗う歳じゃないですか」

    早見「そうだねえ……それについては、いろいろ考えているんだけど、私も、小説を書くことは、ぼけるとか、道っぱたで死ぬまで止めないつもりではいます」

    ブースカ「話題の新刊、『かりゆしの島のお迎えごはん』の著者紹介に、道ばたでスカウトされてライターになり(実話)とありますが、これは実話なんですか」

    早見「そこで嘘は書かない。道っぱたでスカウトされて、400字450円(源泉徴収後)で書き始めましたよ。あとは、諦めるってことを知らないから、ここまで来てしまった」

    ブースカ「だったら父ちゃんも、80になったら80の小説を書けばいいじゃありませんか」

    早見「80のラノベ……70ぐらいから仕込んでおかなきゃね」

    ブースカ「父ちゃんは、一作書くのに10年かかるんでしたね」

    早見「そうなんですよ。って、いつの間にか、私の話になってるじゃないか」

    ブースカ「じゃあ、1作書くのに10年かかる話は、今度にしましょう。とにかく矢沢永吉かっこいい、ってことで」

    早見「ファンじゃないけどね」

    ブースカ「よけいなことは言わないのです。では、またあしたまたはいずれ。」

     

    DJ | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする