うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< タピオカ | main | 発売開始(一部除く) >>

明日は発売日

0

     うるさいほどに、宣伝を連呼していますが(自覚はあります)、担当編集者や、イラストの転(くるり)さんが頑張って下さっているのに、肝腎の作者が黙っているのは、これはもう、怠惰としか言えないので、宣伝します。明日は、早見慎司8年ぶりの長編書き下ろし小説、「かりゆしの島のお迎えごはん 〜神様のおもてなし、いかがですか?〜」(メディアワークス文庫)の発売日です。一部の地域では遅れるかも知れませんが、よろしくお願いいたします。

     

     編集者というのはすごいもので、この作品にタイトルをつけていただいたのですが、長いタイトルの中に、告知すべき内容が、ほぼ全部、入っています。要するに、そういう話なのです。(ちなみに連作短篇です)

    (タイトルについては、企画立ち上げ時に、若手ラノベ作家・奇水さんも手伝って下さったと記憶)

     そうですねえ……「夏街道」「闇長姫」などを読んで下さった方には、「ははあーん、それだな」と思い当たる節もあるでしょうが、担当者との話し合いの末、事件や試練で主人公が成長していくビルドゥングスロマンではなく、ひたすらのんきなお話になりました。まあ、『事件』がないわけではないのですが、モップで殴るわけでもなく、推理でやりこめるでもなく、ちょっとした不思議が作用して、話が収まる所へ収まるようになっています。

     あまり書くと、作者がネタバレする、という情けない話になってしまいますから、後は本をお楽しみに。あ、カバーのあらすじと帯には、「沖縄」と書いてありますが、本編にはひとことも、沖縄だとは書いていません。それは、「売れなければ批判すら来ない」、ということで考えておりますので、ご了承下さい。

     では。

     

    仕事 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする