うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< [DJ883] LOLIPOP SIXTEEN (SOLEIC) ← ソレイユ | main | 宣伝2題 >>

[DJ883] 怒濤の恋愛(高見知佳版)

0

    ブースカ「『怒濤の恋愛』と言えば、戸川純……というのも、もう古いですか」

    早見「音楽に、古い、新しいはない、というのが私の信条です。そうでなかったら、オールディーズなんて聴けないじゃないの」

    ブースカ「本題に戻りましょう。高見知佳というと、アイドルの人ですよね。戸川純との関係は?」

    早見「これがですね、戸川純の『怒濤の恋愛』と高見知佳の『怒濤の恋愛』は、全然違う曲なのよ」

    ブースカ「変ですね。偶然の一致ですか」

    早見「話はそこから面白くなるんですがね、まず先に、戸川純の『怒濤の恋愛』があったのね」

    ブースカ「じらさないで下さい」

    早見「まあまあ。それがあって、その後に出たのが高見知佳の『怒濤の恋愛』なんだけど、それを作詞しているのが戸川純なの」

    ブースカ「歌詞を使い回したわけではないんですね」

    早見「まったく別の歌詞です。そして、作曲が矢野顕子、編曲が、 Shi-Shonen の戸田誠司。フェアチャイルドの、と言ったほうが早いかな」

    ブースカ「どっちでも、若い人はぽかーん、ですよ」

    早見「世の中には、自分が知らないことを言われると、猛烈に怒り出す人がいるけど、無理に読まなくてもいいのにね」

    ブースカ「話を戻して、その高見知佳版の『怒濤の恋愛』は、どうなんですか」

    早見「これが、お世辞抜きで名曲なんだな。アップテンポのマイナ−チューンで、高見知佳は矢野顕子の複雑な曲を歌いこなしているし、戸田誠司の編曲は、まさに怒濤の一語に尽きますね。リズムセクションがかっこいい。いわゆるテクノ歌謡の好きな人は、聴き過ごすわけにはいかない名曲です」

    ブースカ「いまでも聴けるですか」

    早見「もう廃盤だと思うけど、『おしえてアイドル Respect 日本コロムビア・リクエスト編』というアルバムに入ってます」

    ブースカ「きょうはなんとなく、充実しましたね」

    早見「偶然、私がアナログ盤のシングルを持っていたから、これだけしゃべれるんだけど、ちゃんとした話をするほど、知識は持ってないなあ」

    ブースカ「まあ、きょうはこの辺で。それでは、またあした、またはいずれ」

     

    DJ | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする