うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日本一不幸な人 | main | [DJ883] LOLIPOP SIXTEEN (SOLEIC) ← ソレイユ >>

[DJ883] メロトロンガール(soleil)

0

    早見「フライング・ハヤミです」

    ブースカ「また、わけの分からんことを……アシスタントのブースカです。……で、『メロトロンガール』ですか。細野晴臣をやるんじゃなかったんですか」

    早見「この曲を聴くと、細野晴臣にきこえるのだよ。ほれ」

    ブースカ「…………これ、細野晴臣じゃないんですか」

    早見「どうも違うみたいなんだな。で、CDを取り寄せてみたんだけど、あまりに遅いので、フライングでご案内することにしました」

    ブースカ「iTunesで見ると、作曲は別の人のようですねい」

    早見「そうなんだよね。ただ、このsoleilという人は、細野晴臣の『ハイスクールララバイ』も歌っているので、ややこしいという」

    ブースカ「あれ? 『メロトロンガール』、最後まで聴くと、ちょっと細野晴臣らしくないですね」

    早見「そうなんだよねえ……」

    ブースカ「この曲は、すでにオリジナルっぽいですね」

    早見「そうなんだよねえ……」

    ブースカ「きょうは、『そうなんだよねえ』しか言いませんね」

    早見「そうなん……いや、とにかく、80年代が一回りして戻ってきたような感じだね」

    ブースカ「うむむ……これはやっぱり、アルバムを通して聴きたくなりますね」

    早見「そう思わせるだけ、アーティストの勝ちなんだねえ」

    ブースカ「どっちにしても、かっこいい曲、ということでいいでしょうか」

    早見「うん。先人への敬意と、オリジナルの追求の両方がうまくマッチしたいい曲です」

    ブースカ「小説家なら、温故知新、ぐらいは言えないもんですか」

    早見「特に必然性を感じないなあ。……そういうわけで、ことばの足りない部分はありましたが、メロトロンガール、いいですよ」

    ブースカ「です。それでは、またあした、またはいずれ」

    DJ | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする