うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< TV「吸血姫美夕」大昔語り・8 | main | TV「吸血姫美夕」大昔語り・10 >>

TV「吸血姫美夕」大昔語り・9

0

    『早見』これが僕は面白いなぁと思うんですけど、最終話っていうのは、あれは私が初めて頭使ってる回なんですね、後は悪く言えば書き流してるっていうか、感覚だけで書いてるんですけど、最終話は、あれはガッチリ総ての意味を考えて書いているんで、私の中には正解がちゃんとあるんです。つまり、散文詩的なっていわれた時に、一種前衛みたいなモノでポンポンやっていくんだったら、ガッチリストーリーラインが固まってて、作者の解釈が通ってなければ、なんでもアリですよね。
    無意味にポンポン飛んじゃダメだよねってコトで、あれはもうガーっと全部……ダーッとですね、監督と初めてですね、これだけ全部、こっちが質問したのは。ただそれが、表現の上で、多義的に解釈できるようになっているのは、あれは、見て私もビックリしましたけどね。
    『TOMCAT』じゃあ、やっぱり、早見さんが思い描いていた、直線的なストーリーライン通りには絵にはなってないって形ですか?
    『早見』いや、ただね、シナリオと一字一句違わないんですよ。
    『TOMCAT』それで、意味をはぐらかしていると謂うか、多義性を持たせていると。
    『早見』うん、それをね、自分でどうやってやったのか、判らないんです。あのころはもう、僕、身体ぶっこわれてましたし、あんなコトやってるもんですから、だから、書かされちゃったって気がしますわな。
    ただあの、語弊のある言い方ですけど、たとえば実相寺監督の映像みたいなモノのファンをやってるヒトが書くと、意味は実相寺監督が決めて行くんで、いいんでしょうけど、骨格をキッチリ決めてないと、崩しようがないですよね、だからまず、骨格は決めたんです、で、それを書いて行く上で、生理的に飛ばして行ってるんですね。
    『TOMCAT』とりあえず、頭の中に物語はあるけれども、ある種、多義性を持たせたり、或る言葉を抜いたりとか、そういう作業で……。
    『早見』それが表現だろうなという。
    『TOMCAT』じゃまず、自分の頭の中にある物語を語りつつもそれを韜晦するような作業も同時にって形ですかね。
    『早見』……に、なってたんでしょうね。それはもう、26話、TVでは25本、来たから出来たコトで、最初の頃は忠実に時間軸をなぞって書いてたのが、それは監督の要望があり、いろんなコトを言われるワケなんですよ、で、ポンポンポンポン言うんで、それをどうやって全部取り込むか。ただアレ、いろいろ、要らんこと遊んでるんですけどね、そのつげ義春の奴だって、別に考えてなくって、川を渉るってのをとにかくやろうと。
    『TOMCAT』というのは?
    『早見』う〜〜〜〜ん、なんなんでしょうね?(笑)
    『TOMCAT』やっぱりこの「川を渉る」ってのはイメージなんですか。
    『早見』イメージですね。で、それをやった時に、ふっと想い出して、川があって、監督、石井輝男が好きだったら、こりゃつげ義春にしなきゃいけねえな、と。
    『TOMCAT』そこで紅い花であると?ああ上手くハマったじゃん、みたいな感じですか。だから、ああいう話って、確かに少女吸血鬼の話では出ないですよね、何故出ないのか不思議なんですけどね、隠喩になっているのかと言えば、触れられていないコトが多いですよね。だから要するに、吸血鬼なんだと、で、少女で時間が停まったんだと、で、紅い花なんだよって話をしたらですね、それはやっぱり、血が出たり入ったりするワケですから、やっぱその辺は避けて通れんだろうと、なんか意味附けするなり、或る種論考を加えるなりするのが、少女吸血鬼を扱う際の、なんか避けて通れねえモンだろうってところで、ああいう描写が出てきたんで、おおなるほど、ポンみたいな感じだったんですけどねぇ。
    『早見』ただ、脚本は週刊ペースで、まあ、後の方かなり遅れましたが、書かなければいけないから、そこまで考え詰めて行くコトっていうのは難しいんですよね。とにかく引き出しからどんどんどんどんモノ出して行かなきゃ間に合わねえやってコトなんで。
    『TOMCAT』いや、だから、美夕26回やって、18本ですか?書かれて、多分早見クンの引き出し空っぽだろうと謂うのが。
    『早見』そうなんです、ネタがなくなっちゃって困って困って、だって、長編小説にする筈だったネタ、使ってますからね。
    『TOMCAT』全部吐き出してしまいましたか。
    『早見』はい。
    『TOMCAT』だからあれはホントに、引き出しの勝負だったな、って感じですよね、出さざるを得ないでしょう、やはり。美夕ってのは或る意味じゃあ、物語を語る話ですよね、キャラを語る話ではない。
    『早見』はい、それはハッキリしてます。つまり今TVアニメっていうのはとにかくキャラクターがあって、レギュラーがいて、それを、悪い言い方ですけど、ガシャガシャ動かしてれば、一回終わっちゃうよっていう、で、終わってみて、さて何の話だったっけっていうのが、あるじゃないですか。
    『TOMCAT』まあ、勿論アニメの場合はキャラ人気ってモノが、アニメを見るモチベーションになってますから、それはしょうがないというのはありますけれども、たとえば、最近のアニメの作り方ってモノは、キャラをまず確立して、で、キャラっつってもまあカードボードなんですけど、で、それに対して、何回かやってく内にこの子はこう謂うコトをやる子なのっていうコトをやって、声優さんの生身のリアリティを載せてって、で、ゲストが出て来る、ゲストが出てきて、なんかしっちゃかめっちゃかやって、話が出来る、それの繰り返しですよね。要するに、レギュラーキャラってのは繰り返しの中で反復強化してリアリティを出してって、たまにゲストキャラが話を起こすっつーのが……。
    『早見』そうですね、それはやるまいと。ストーリーが面白いアニメがなきゃ、特にホラーだったら、やんなきゃダメだよなと思ったために要らんことをしてるんですけど、それはだって、小中千昭さんなんかは完全にちゃんとやってらっしゃるワケですから、関西ローカルの学校の怪談なんかも送って戴いて見てますけど、話っていうモノが必要であろうと謂うコトは強力に意識していたんですね。特に最初、学園ベースだったんで、都市綺談みたいな形で、考えていたんです。そうすると、一話一話のエピソードが充実してなきゃいけないんで、その意味でも『美夕の亡霊』は大失敗したんですけどね(笑)。
    『TOMCAT』だから、とにかく美夕っていうのは、話と謂うか物語を語るためのアニメであるというところがあって、アニメのサイドから確かにフォーラムとかありますけれども、うちの場合はホラーと謂う切り口で、物語的な切り口でやって行きましょうってんでそういうふうな解釈で今まで来たワケで、全然アニメの方とは意見が……。
    『早見』その辺では非常にFHORRORの方(NIFTY―SERVE(巨大ジャンル物の、名)要するにその、ストーリーで見て下さる、或いはこちらの考えてる原型は、あの、オマージュって言ってますけど、悪く言われりゃまあ、パクりって言われりゃそれまでですけど、その元が判った上で見て下さるっていうことで、これは非常にありがたかったですね。そうでないと、どうしてもアニメのファンの方は、キャラクターが、っていうコトで、なんでランカ出ないのかとか言ってました。僕も出そうって言ってたんですけど、あれ、冷羽とキャラがかぶるからなんですよね。
    『TOMCAT』そうでしょうね、美夕のライバルで美夕を負かしたコトがあって、ってコトですからね。

    吸血姫美夕 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする