うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< TV「吸血姫美夕大昔語り」・4 | main | TV「美夕大昔語り」・6 >>

TV「吸血姫美夕」大昔語り・5

0

    『TOMCAT』そうですね、だから、かえって、(神魔が)人間といると、なにかマズいコトが起こってしまうから封印するというと、人間との関係の上で成り立つ存在っていう風に逆になっちゃうでしょう。だからその辺がね、しかもその、OVAの場合だと、西洋神魔くらいしか出てこないじゃないですか、西洋と東洋の対比みたいなところは割と文化的な枠だから、文化的な意匠じゃないですか、だから、文化的な意匠のホラーじゃないですか、あのOVAの美夕ってのは。
    だからわかるんですよ、西洋神魔だって言われて、ラヴァは西洋神魔なんだよ、で、西洋神魔の仲間が、ちょっとモーホー入ってるヒトが取り返しに来るんだよ、って話も、まあ意匠なんだろうなってコトでわかるんですが。今回なんかあの、第三世界に行ったら、第三世界でお面みたいな奴が出て来ると、っつーコトになるってーと、第三世界神魔ってのもあんのかよ、とかね、インド神魔もあるんだろう、とか。
    『早見』それはあります。だって香港神魔出てますから。
    『TOMCAT』そうなんですよね。だから、「国って関係ないじゃん、神魔とはよぉ」って思ったんですよ。だから、国、或いは漠然と文化圏、そういうモノってあるの?西洋神魔ってからには、人間の世界の西洋という文化的概念が神魔界にも反映してるってコトでしょう、で、第三世界行ってジャングルの奥地行くと、オンゴロのお面みたいのがブワーッと出て来るっていうと、やはりそれは人間の文明の、要するに西洋と東洋以外の第三世界ってコトじゃありませんか。で、今度は中華神魔……えっ、『中華』まで特定しちゃうの?っていう話になってですね、だからやっぱり、人間との関わり合いの中で出て来るのが神魔なのかなっていう風に思ったんですよ。
    『早見』あのですね、まず一つには、私は、書く上で必要のないコトは監督にはまったくきかないんですよ。なので、かなりブラックボックスになってるところはあります。これは既に公表されてるからアレなんですけど、ビデオの時から監督は『河童の三平・妖怪洋魔』がやりたかったんです。そうすると河童の国があるじゃないですか、だからそういう考え方が基本にあるんだと思います。
    『TOMCAT』監督のアタマの中では、神魔は邪神のようなモノであるといっても、全く人間とは関係ないワケではなくて、一種の観念と言うものがあって、人間の観念の中にはある種の小世界というモノがある、たとえば地中海世界なりとか、西洋世界ってありますよね、それと二重写しに、神魔の世界があるっていう発想なんでしょうか?
    『早見』そうらしいですね。平野監督は、少しづつしか話を出して来ないんですよ。その時に必要なコトしか言わないんですね、ボクも必要なコトしか聞かないんです。「これは何なんですか?」って、ずーっと問い詰めないんで、明らかにはなってないんですけど、とにかく『河童の三平』観てくれと。じゃあ、こういうコトなんだなというのは、これは言葉では説明しづらいです、感覚的にわかってるコトなんで。
    『TOMCAT』
    大体これでわかりました、やはり意匠の問題ではあったワケですね。意匠の問題といっても観念の、とか、そこのレベルの話だったんですけど、後半になって来ると、或る物語があって、物語を語る装置なんだと、美夕も神魔もっていう風なトコにシフトして来ると思うんですけど。たとえば「神魔の旗」ってよく言いますけれども、あれはホントにあの幻三兄弟ってのは、神魔である必要すらない、なんかあの、山怪ですよね、要するに、山怪が里に降りて来て、異類婚の話ですよね。だからその山怪ってモノに対して、物語の構造上、それは、神魔ってモノを当てはめたってだけの話であって……。
    『早見』これは、どうも……TOMCATさんの話は難しい(笑)。いや、これはですね、『河童の三平』にそういう回があるんですって。えーっと、ボク、前半しか借りられなくて、後半観られなかったんですけど、これ、監督が非常にやりたがった回なんですよ、だからこれは、そういうアレがあったんだそうです。
    『TOMCAT』単にああいう話がやりたかったんですね(笑)、監督の要望として……。
    『早見』ええ、そうです。ボクは絶対出来ないと思ったんで、ヒトに振ろうとしたんですが、流れの関係で、守護神魔について出さなきゃいけなかった。
    『TOMCAT』守護神魔について……いいところに話が及びましたね。

    吸血姫美夕 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする