うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日々是原稿 | main | 【ジュニア文庫博物館】花井愛子「ミネストローネに乾杯!」 >>

中森明菜「不思議」のアナログ盤

0

     寝ている内に、ふっ、と気になって、ブラウザを立ち上げました。

     理由は、中森明菜「不思議」にアナログ盤があるかどうか。いやまあ、冷静に考えると、アナログ盤がなければ、紙ジャケット盤は出ないでしょうが。

     なぜ、そんなことに気づいたかというと、私が初めて買ったCDが「不思議」で、その音圧に圧倒されて、これはCDの音楽だあっ、てなことを考えたからですが。よくいますよね、「LPの時代は終わった」とか言う輩。それが当時の私です。生まれてすみません。

     そういえば、山下達郎が、ちょっと前にデビュー盤「SONGS」のリマスター&リミックス盤をCDで出したとき、「さすがにいまは、アナログそのままだと音圧で負けるので、リミックスを入れた」みたいなことを言っていたなあ、と。すみません、いま、眠気と戦って書いてます。

     で、LPの「不思議」ってどんな感じかな、と思って、ヤフオク!を見たら、けっこう「不思議」のLPが出ていたので、なんとなくほっとして、近く買おう、と思った次第です。

     しかし、「不思議」か……EUROXって、偉大ですよね。というか、セルフプロデュースをした中森明菜も、潔いのですが。プログレの好きな方は、必聴だと思います。

     では、メモ代わりの日記を書き終えて、おやすみなさい。

     

     

    - | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする