うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 宣伝(水路の夢) | main | 宣伝(マンガ図書館Z)「精霊海流」と幻のサーガ >>

宣伝(夏の鬼 その他の鬼)

0

     いったんは頓挫した水淵季里のシリーズですが、ひょんなことから再起動します。01年の「夏の鬼 その他の鬼」です。

     90年代後半の私は、綾辻行人さん監修の「黒ノ十三」というサウンドノベル≠短編集の仕事がうまく行き、いまにまでつながるホラー短編の書き手となっていました。

     それが、津原泰水さん監修の「12宮十二幻想」で、スクウェア(当時)から本を出してもらえることになり、ここは季里だ、と提出した「夏の鬼 その他の鬼」は、担当者が原稿を読むなり、「じゃあ、これで印刷所に出しましょう」と言ったので、仰天して、自分で校閲してくれる人を頼んで、直しを入れてもらった、といういきさつがあります。

     前の「水路の夢」から10年経っているので、同じ設定で書くのは無理があり、細かいところなどを直して、季里もまた高校一年から(正確には中三から)リスタートをかけ、今度こそ、季里の物語を完結させよう、という気合いで始めました。

     ただ、この頃の私は、中国の志怪小説にかぶれていて(まあ、「水路の夢」からそうなんですけどね)、古代中国趣味を志向した所があります。それを、いいと思うか、悪いと思うかは、人それぞれでしょう。

     とにかくまあそういうわけで、この一冊は、いま読んでも、自分での不満は少ない本です。

     

     なお、Kindleストアで私の本を検索すると、「早見裕司」とあるものと、「早見慎司」とあるものとがあります。すみませんが、お調べの上、お買い求め下さい。

     

     

     

    仕事 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする