うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 宣伝2(Kindle本) | main | 宣伝4(水淵季里シリーズ) >>

宣伝3(マンガ図書館Z)(Kindle本)

0

     さて、興奮も収まったところで……、って興奮してたんかい。とりあえず、宣伝の続きです。

     今回は、水淵季里の出てくる長編、または連作短編です。

     Kindle本について書く前に、季里の出てくる作品は(ゲストで出てくる「あしたも、友だち〜となりのウチナーンチュ」、及び、雑誌「コサージュ」に2作だけ載った短編は除く)、「マンガ図書館Z」で、無料で読める、ということです。

     正確に言いますと、「精霊海流」「ずっと、そこに いるよ。」は、イラストが載っていません。イラストレイターの許諾が得られなかった(「ずっと、そこにいるよ。」は版元から版権を引き上げたので、絵の方には連絡が取れていません)のが、理由です。

     では、有料のKindle本ではイラストが載っているか、というと、川原由美子さんから承諾をいただいた「夏街道」「水路の夢」「夏の鬼 その他の鬼」と、これは季里のシリーズではありませんが、派生した作品と思っていただいている「夏の悲歌」も森田悠新さんの許可をいただいた作品です。

     あともうひとつ、「何もない、夏の一日。」は、紙の本では出ていませんが、これにはイラストがありません。

     

     個々の内容については、順次、紹介していきますが、とりあえず、無料でも読めますよ、ということで。

     

    仕事 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする