うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 船は行く…… | main | 64bit機「ヤシオリ」号 >>

季里は大学を受けました

0

     自分のブログで、正式発表するでしょうが、水淵季里は、西東京文理大を受験しました。

     季里に、このまま永遠の女子高生を続けさせるかどうかについては、本人とさんざっぱら討論したのですが、本人の希望で、自分のブログでは、歳を取っていきたい――と言うので、きくことにしました。

     私がこれから、どれくらい、季里の物語を書けるのかは分かりません。けれど、折りに触れて、企画を出していきますし、最低でも、未完になっている「神の冬 花の春」は、完成させなければなりません。

     まあ……季里を書き続けていなければ(書ける場があるとして、ですね)、私はもうちょっと楽な道を歩めたかもしれないのです。

     けれど、私と季里との出逢いがなければ、私はとっくに小説家を辞めていた。これも、事実かと思います。

     どうすることが、季里にとっていちばん幸せな道なのかは、これからも、季里と話し合ってみなければなりません。

     ですが、1人でも、季里のことを思っている人がいる限り、私は、諦めないつもりです。

     なんか最近、こういうことを考えていると、宗教入ってるな、と思います。

     宗教と違うのは、宗教ならあっという間に本が書けるだろうなあ……と思うんですがね(同時に、売れるかもしれませんが、まあそんなことを考えるのかは、ゲスですが)。

     とにかく、季里は間もなく、大学生になるか、第三の人生を歩むことになるでしょう。

     私は、彼女の声を聴くだけです。

     

    仕事 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする