うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< CS「ゴジラ」 | main | 「シン・ゴジラ」DVD >>

黒ノ十三

0

     「黒ノ十三」は、PS(初代)向けの、サウンドノベルです。

     当時、まだ原稿を残しておく習慣がなかったので、自分で書き起こすのも面倒だな……と思っていたら、ニコニコ動画で生中継をやって下さっている方がいらしたので、それを元に、原稿を再び、書いてみました。いや、これが時間がかかる。まあ、一本で400字詰め50枚程度あるので、当たり前なんですが、三本起こすのに、4,5日はかかりました。

     私が担当したのは、「雨に泣いている」、「彼女の図書館」、「女嫌い」の三つで、ちょうど某社の新刊が発売延期になって四苦八苦していたところに、監修の綾辻行人さんが、「書いてみませんか」と声をかけて下さったものです。

     「雨に泣いている」は、一発で決定、「彼女の図書館」はラストを、ゲーム読者(っていうのも変ですが)向きに、ハッピーエンドに書き直したもので、「女嫌い」は、綾辻さんからは、びしっ、と言われたのですが、当時の私に直すスキルがなかったので、とりあえず、提出したものです。

     綾辻さんは物腰の優しい方なので、「女嫌い」は、「10年ぐらい寝かせて、書き直してみるといいよ」、と言ってくださったんですが、今回、テキストに起こしてみると、まあ、なんと言いましょうか……ごめんなさい、と世界に叫んで脱兎のごとく走り去りたい気持ちです。こんなにひどいとは、思っていませんでした。

     絵と音に助けられて、「こわい話」とはまあまあ言えるんですが、とにかく文章がなってないです。

     どういうものかごらんになりたい方は、ニコニコ動画で探してみて下さい。

     何はともあれ、この「黒ノ十三」のおかげで、私はホラー作家の端っこに入りました。それ以前には、雑誌「コサージュ」の短編(これも、「奇談」というくくりには入ったり、入らなかったり)しか書いたことがなかったのが、これらの作品を書いたことで、太田忠司さんに誘われて「悪夢が嗤う瞬間」(ケイブンシャ文庫)に参加したり、井上雅彦さんに「異形コレクション」(廣済堂文庫、光文社文庫)にお呼びがかかったり、津原泰水さんに「12宮十二幻想」(講談社文庫)に誘われたり、とにかく楽しい時間を過ごしたものです。

     最近は、短編を書く機会が少なくなっていますが、またなんとか、書きたいものです。

     

     

     

     

     

     

     

    仕事 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする