うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 誤植・誤用と、「よかった。」のひと言 | main | 使用権フリー歌詞 「おんなの駅」(単なる冗談) >>

「あしたも、友だち となりのウチナーンチュ」

0
     あした(読む時間によってはきょう)、角川文庫から「あしたも、友だち となりのウチナーンチュ」が、発売になります。ひょっとすると、もう店頭に並んでいる所もあるかもしれませんね。
     この作品は、2007年に理論社から、ハードカバーで出たものに、加筆訂正を加えたものですが、あまりいじり始めると、作品世界が壊れますので、そんなに大きくは違っていません。わかりやすい所では、精神衛生法32条に関する訂正、カラオケで彩華が歌う歌、などがあります。
     私からのお願いですが、この本が出て、読書感想文コンクール・中学の部の課題図書で読んだ、いま、二十代の前半から半ばの人にも、できたら読んでみていただきたいなあ……と、思います。沖縄よいとこ一度はおいで、になっていない、ビターな部分にも、思いを巡らせてもらえれば、と思うのです。
     もし、もし売れてくれれば、続編を書くのもやぶさかではありませんので、そういうことも含めて、買っていただければ、と心から願わずにはいられません。
     ときどきかんちがいされるので、しつこく書きますが、図書館でいくら読まれても、新古書店(ブックオフとか)で買われても、著者には一円も入ってきません。それで必死になっているところも、もちろんあります。
     ですが、お読みになる際は、単にほのぼのファンタジイ、少女たちの仲良し物語、と、取っていただいても、それはそれで、かまいません。とにかく、一冊でも夜に広まってほしい、と思います。
     よろしくお願いいたします。
    仕事 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする