うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サイト管理 | main | 続・デザイン >>

キーボード向けファイラー・Pyxisについて報告

0
    Dosライクなキーボード向けファイラー、Pyxis が、Windows7(32bit)で動作させようとすると、「コンピュータへの変更を許可しますか」というメッセージが出て、いちいち確認を取らされる問題についてのご報告です。
     しばらく悩んでいたのですが、ふと思い立って、C:¥Program Files の直下にディレクトリを作り、そこへ解凍して、ショートカットをタスクバー、もしくはデスクトップへ置くと、確認なしで起動できます。それだけではなく、Cドライブの直下に解凍していたときには、不可視状態にあったファイルも、大部分が(これは、すべてを確認したわけではありませんが)見えるし、操作できるようになります。
     もっとも、Winユーザならご存じの通り、Windowsは各人の環境によって、動作が異なりますので、100%の動作を保証するものではありませんが、一例として、ご報告いたします。
     
    仕事の道具 | permalink | comments(2) | -

    この記事に対するコメント

    話題があったので立ち寄らせてもらいました。大石剛司といいます。

    自分もPyxisの愛用者で、バージョンアップが止まっていましたが、2017年の3月まで使っていました。
    annsDM というキーボードファイラーを本格的に使い始めましたが、残念ながら圧縮ファイルには対応していませんでした。
    ならば、圧縮ファイル部分の対応を作成しようという動機で、圧縮ファイルのアプリケーションを作成しました。

    最終的には普通のファイラーにまで成長しました。Pyxis を目標に作成しましたので、Pyxis ユーザには、違和感なく使っていただけると思います。
    私のブログからダウンロードが可能ですので、気になったら使ってみて下さい。「BonsFM」です。
    http://bonworld.sblo.jp/article/181245019.html

    よろしくお願いします。
    大石剛司 | 2017/10/28 12:12 PM
    >大石剛士さま

    どうもありがとうございます! 早速、ダウンロードして、試してみました。まだ、よく試してみていないので、うかつなことは言えませんが、とりあえず、圧縮ファイルの操作などは、確かにPyxis の感覚ですね。できれば、開発を続けていただければ幸いです。
    (なお、決まり文句ですが、このソフトを使ってみよう、という方は、自己責任でお願いします)
    はやみ。 | 2017/10/30 6:15 PM
    コメントする