うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< DOSのころ・その2 | main | やっとひと仕事 >>

シナリオの枚数

0
    テレビの30分アニメは、正味24分30秒ぐらいです。
    それに合わせるには、だいたい、25枚ぐらいの脚本がいいのかな、とは「美夕」をやってみて、感じたことです。
     あるいは、演出の意図なのかもしれませんが、「美夕」の最終話は、最後の美夕の台詞のあと、3秒ぐらい、間があってもいいのではないか、と思ったのですが、脚本が30枚あったのを、活かすためだったのかもしれません。まあ、まったくの憶測ですが、この脚本を、とても大事にして下さったので、そう思うわけです。
     私が担当した「美夕」の脚本で、いちばん長いのは、「美夕昔語り」で、400字で35枚ありました。いくらなんでも長すぎるので、ばさばさ切ってありますが、本筋はぶれていません。これが、映像の力ですね。


     
    吸血姫美夕 | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする