うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

日本三大のけぞりスト

0

    日本で、のけぞる人、と言えば……

     

    1)中森明菜 ……複数の曲で、みごとにのけぞっています。腰を痛くしたという噂がありましたね(衣装が重いので)

    2)荒川静香 ……イナバウアーは、技として点に入れて欲しいものですが。

    3)福本清三さん ……ご存じ、日本一の斬られ役。「メイド刑事」ではお世話になりました。

     

    まとまったことが書けないので、お茶を濁しておきます。とりあえず、おやすみなさい。

     

    日常 | permalink | comments(0) | -

    ウォーキング

    0

       最近、ウォーキングにはまっていて、ブログを書く時間がありません。

       私は、自動車や人間が近づいてくるのが怖いので、散歩は早朝にするのですが、わりあい近くのコンビニまで行って、おやつを買って帰るのが、日常になっています。

       せっかく散歩をしているのに、おやつを買うのは意味がない、と思われるでしょうが、私はダイエットをするのより、特に足の筋肉を育てたいので、これでいいのです。そして、何も買わずにコンビニを出てくるのが嫌いなのです。

       もう一週間ぐらいになりますが、いまのところ、順調に歩けています。

       ただ、私はきわめてラフな格好で出歩いているので、コンビニの店員さんは、胡乱な奴だ、と思っているかもしれませんね。ラフとフォーマルがあって、それ以外の「普通の」服装がないのです。申し訳ない。

       

       最近、季里のブログと私のブログが似通ってくることが多いように思いますが、それは、やがて分かるか、分からないかでしょう。

      日常 | permalink | comments(0) | -

      ただいま休憩中(でもないか)

      0

         つい17日ほどでしょうか。新しいパソコンが届きました。

         喜び勇んでセットアップをやっていたのですが、途中から、あれもだめ、これもだめ状態になり、しかたなく、相談の末、元のショップに戻し、いまは非常用のノートパソコンで、こうしてブログなどを書いているわけなのですが、ノートでばんばん売っていた頃からは20年経っていて、使い勝手がよくありません。タッチパッドだけは、しばらく使っていなかったワイヤレスのマウスを入れたら、作業が劇的に楽にはなりました。しかし、人はマウスのみにて生きるに非ず、キーボードのピッチも違う、キーの位置も違う。仕事については難渋しております。

         そんなわけで、パソコンが戻るまで、その場しのぎの書き込みが増えますが、生温い気持ちで、見ていただければ幸いです。

         

        日常 | permalink | comments(0) | -

        どなたでしょう?

        0

           この季節、ときどきあるのが、差出人不明の年賀状。今年も一通、ありました。

           差し支えがない内容だと思いますので、手書きの部分を挙げますと、

           「本年もよろしくお願い致します。忘年会の1つのお店、沖縄料理屋さんで、若い店員さんが浦添出身とのことでした!」

           というものです。

           お心当たりのある方は、私の公式メールアドレス(「はやみ アットマーク はやみ どっと ねっと)へのメールか、この記事へのコメントで教えていただければ(私が「公開」にしない限り、コメントは公にはなりませんので、ご安心下さい)、幸いです。

           

          日常 | permalink | comments(0) | -

          マウスとか初夢とか

          0

             残念ながら、ブログの日時指定が利いておらず、12月31日に、年賀のエントリーを上げてしまいました。すみません。

             今年の初買い物は、年末に壊れたマウスです。動作が軽快ですが、やや、きゃしゃなのと、圧力が低くても動作するので、肩に力が入っていると、失敗することもあります。筆圧が強い人間用のマウス、というのはあるのでしょうか。あまり強くても、それはそれで使いづらいだろう、と思うのですが。amazonに、元旦に注文したら、さっき届きました。

             今年の初夢は、あまり鮮明には覚えていないのですが、馬に乗って、馬の首同士をぶつけ合う競技で戦っている、という、ちょっとハリー・ポッターみたいな(違うか)夢でした。解釈は、私には分かりかねます。

             初夢を、いつ見た夢、とするか――というのが、例年、話題になるのですが、たぶん古くは、2日の夜、ということになっていた、と思います。だいたいの辞書が、1日か2日の晩、とある中で「新年になってはじめて見る夢。大晦日(オオミソカ)の夜から元旦にかけて見る夢。また、一月一日または二日の夜に見る夢。」という全方位攻撃のような辞書もあり、まあ、時分に都合のいい夢を見た日、でいいのではないか、と思った次第です。

             うちにはおせちというものがないので、雑煮もあと2日保つかどうか、というところで、ショッピングセンターへ買い出しに行きました。なんだか頭がぼうっとしています。もう、原稿も書き始めたし、今年は「商売繁盛」、と行きたいものです。

             ――実際には、わが家とわが家族が、無事であってほしいのですが、とりあえず、マウスで収まるのなら、安いものですね。

             こういうときには、〆の一極が欲しいところですが、お正月を歌った歌、というのは、どうやら少ないようですね。ってなんの話だ。とにかく、年末年始は、大掃除とか年越しそばとか、堪能したので、気分を切り替えて、商売繁盛モードへ、いざ。

             

            日常 | permalink | comments(0) | -

            謹賀新年

            0

               新年が明けました。おめでとうございます。

               今年は、とにかく健康を第一に、もうひとつは、昨年、4つほど仕事を積み残してしまったので、まずはその完成を第二に、頑張って行こうと思います。

               来る2017年が、皆様にとって、いい年になりますように。

               

               2017年1月1日 早見慎司

               

              日常 | permalink | comments(0) | -

              ゴジラ雲・ゴジラ岩

              0

                 最近、ニュースでよく、ゴジラの形をした岩や、雲が紹介されます。

                 これはつまり、ゴジラのフォルムが、自然界によくあるような形をしている、ということだろう、と思います。

                 また、ゴジラのデザイナーの優秀さもある、と思います。

                 もう20年ぐらい前に、平野俊弘(俊貴)監督と、たぶん、シナリオライターの中村学さんの家で、詳しいことは忘れましたが、アニメ・特撮ソングのカラオケか何かを見て、レッドバロンのシルエットが出てきたときに、私が思わず、「デザインの出来ているロボットは、シルエットだけで何かすぐ分かりますね」と言った――という記憶があります。

                 そういうわけで、ゴジラは派手なカラーリングがあるわけでもなく、一作ごとにディテールが違いますが、デザインがよく出来ているため、あ、ゴジラだ、と分かるようです。そしてそのデザインが、自然界に違和感がなく存在し得るものである、と。

                 

                日常 | permalink | comments(0) | -

                今年の6大ニュース(極私的)

                0

                   そろそろ今年も幕を下ろして、来年のことを考えないといけないので、その前に、今年の、私個人のニュースをまとめてみました。

                   最初は10大ニュースとか、5大ニュースとかにするものですが、どうしても6つになってしまって、ごめんなさい。

                   こういうのは、下から発表するものですよね。では……。

                   6:マイナンバー騒動

                   これはもう、騒動と言っていいでしょう。わざわざ、番号が見えないようにしてあるマイナンバーカードをもらったのに、出版社からはマイナンバーと、身元保証のためにカードの表面、裏面をコピーして出さないといけないんですから。面倒というより、そのセキュリティの甘さに、閉口しました。

                   5:Windows10騒動

                   これについては、人それぞれなんですが、私が気の迷いで10にしてしまったら、不具合が様々に起こり、慌てて7に戻したものの、使えなくなったソフトがいくつかありました。いちばん困ったのは、ATOK2016です。がっでむ。

                   4:「シン・ゴジラ」を観る

                   観た、という以外、何も言えないんですが、此処から先、日本の怪獣映画はどうなるのでしょう。期待3割というところ。

                   3:吉良知彦さん死去

                   ZABADAKで育った私ですが、本当に、惜しい人を亡くしました。合掌。

                   2:LED化の始まり

                   仕事部屋の蛍光灯が、管ではなく、機械そのものが壊れたので、量販店に新しい照明器具を買いにいったところ、もうLEDしかない、ということで、泣く泣くLEDのランプに交代。未だに、ちょっと疑問があります。

                   1:夏目三久、「怒り新党」を卒業

                   その後も、「怒り新党」を見続けてはいるんですが、青山アナウンサーでは、あのアウトローの吹き溜まりのよう(って失礼だな)な独特の雰囲気が出ないので、もう諦めようか、と思っています。

                   番外編:(笑)を使わないことにした

                   理由を説明するのが面倒なんですが、(笑)でごまかすぐらいなら、発言しないほうがいいか、と思って。

                   個人的な話題だなあ、とつくづく思いますが、ここでSMAPの解散とか、そういうのは違うと思うんです。そういうことは、しかるべき人が言えばいいのであってね。川谷絵音の新曲が聴けない、とかもね。

                   まあ、6つぐらいが、私にはふさわしいところでしょう。

                   来年の正月ぐらいは、何もなく過ごしたいものです。

                  日常 | permalink | comments(0) | -

                  初ストーブ

                  0

                     ゆうべ、リビングがあまりに寒かったので、今季初めて電気ストーブを出しました。リビングは、この電気ストーブと、「こたつ」とうちでは呼んでいるもので、冬を越します。

                     「こたつ」と呼んでいるもの、というのは、ホットカーペットの上にテーブルを置き、そこにこたつ布団をかぶせたものです。なんでこんなものを発案したのかは、もう覚えていませんが、これがけっこう、温かいのです。

                     我が家は、リビングにエアコンがありませんが、どうせ、かみさんがリビングにいるのは一日でもほんのわずかですし、電気ストーブと言っても、そんなに電気代がかかるわけではありません。

                     今年、仕事部屋のエアコンを買い替えたところ、夏から秋にかけての電気代が、目立って下がりましたので、冬はどうか、見守ろうと思います。

                     

                     

                     

                    日常 | permalink | comments(0) | -

                    古舘伊知郎さん

                    0

                       最近、古舘伊知郎さんが、あちこちの番組に出ています。

                       かみさんは、あまりに古舘さんがしゃべるので、だんだん飽きてきているようですが、私は、口下手なので、面白がって見ています。

                       いま、思うのは、古舘さんに、私の「終夜図書館」を朗読してもらえないか、ということです。あれは、一段落がテキストエディタの仕様で打てるぎりぎりの長さなんで、理想はノーブレスですが、いかにアナウンサー界のルー・テーズ、古舘さんでもさすがにノーブレスは無理ですが、特に中盤の、ジュニア文庫のレーベル名を列挙する辺りは、あの古舘さんの速さがなければ面白くありません、と私は思います。

                       どなたか、古舘さんのお知り合いの方、光文社文庫の「古書ミステリー倶楽部」の中の、「終夜図書館」を、たとえば iTuens のオーディオブックか何かで朗読するよう、言ってもらえませんかね。

                       これは(私は(笑)を使わないので、ニュアンスが伝わりにくいのですが)、2割ぐらい本気です。何より私が聴いてみたいのです。

                      日常 | permalink | comments(0) | -