うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

おめでとう鶴川第二中学合唱部

0

     Nコンこと、NHK合唱音楽コンクール、今年は小学校の部と、高校の部を見逃してしまいました。慚愧の念に堪えません。

     で、唯一、中学校の部を見た(「聴いた」と言うべきですが、かえってややこしくなるのでご容赦を)んですが、まあ、いまの中学生はすごい。技術的にも、曲の難易度も、この先が怖ろしくなるほどです。

     その中で、私が一番だ、と思った東京都町田市立鶴川第二中学は、予想通り、金賞を受賞しました。おめでとうございます。

     みんながうまい中で、表現力が(ちょっとしたパフォーマンスがあるのですが、それを抜いても)ダントツに飛び抜けていて、納得の金賞でした。

     実際、いまの合唱は、すごいものがありますが、この先どうなるかを予想すると、これはスポーツと同じだと思います。100メートル走なら、私が子どもの頃には、10秒をいつ切るか、という話だったんですが、いまは9秒台で争っています。体操の技は、H何度にまで上がり、まだ先があるでしょう。合唱も、次第に向上していき、限界というものはないだろう、と思います。

     ただ、特に学校音楽の場合、指導者の良し悪しと、環境との問題がありますね。今回の大会でも、練習場所がないので、部員が特別教室などを、頭を下げて借りまくる――といった様子が見られましたが、こんな苦労はしなくていいことだ、と思います。

     それと、中学の部を見て感じたのは、参加校の減少です。合唱は、何の役にも立たない(わけでもないんですけどね)のですが、教育、というのと、刹那的な役に立つ立たないでは、測れないものがあるわけで。例えば吹奏楽部は応援に役立つから偉い、ってもんでもないでしょう。心と知性を豊かにするのが教育なのだから(もちろん体も)、その役に立ち加減は、20年、50年、一生を通じて、初めて評価が分かるものだ、と私は思います。

     まあ、何を言っても外野の言うことですから、おきき流し下さい。とりあえず、鶴川第二中学と、参加全校の皆さんに、お祝いを言わせて下さい。貴重な体験です。おめでとうございます。

     

    音楽 | permalink | comments(0) | -

    FM局が作りたい

    0

       いきなりなんの話か、とお思いでしょうが、コミュニティFMというのがありますね。それをやってみたい、と思うのですよ。

       いまだったら、YouTuberになるほうが、聴いてもらえる範囲も広いし、なんか、場合によっては収入があるのだそうですが、そういうのではなくて、FMラジオで聴ける、FM局が作りたいんですね。

       いざやるとなると、トランスミッターがどうとか、JASRACがどうとか、かなり敷居が高いんですが……。

       

       中学の頃は、毎週一回、自宅で番組を作って、お昼の放送として、流していました。ああいうことが、またできないか……って、私は次第に、退化していくようでもあります。

       とりあえず、幻のFM番組、第一回の曲目でも考えることにしたのですが、もう眠いので、明日にしますね。

       

      音楽 | permalink | comments(0) | -

      加藤登紀子&中森明菜「難破船」

      0

         中森明菜の「難破船」は、加藤登紀子による楽曲ですが、ご本人も歌っていらっしゃいます。(敬称略)

         どっちが上、ということはもちろんないのですが、中森明菜の「難破船」とか、再三言っている「不思議」などは、人生がそのまま反映されて血だらけになっている感じがして、冷静には聴けないですね……。

         「夜のヒットスタジオ」のDVD-BOXには、中森明菜が生で歌っている「難破船」があって、視ながら聴くと、「もういいから、誰か解放してやれよ……」という気分になってきます。緊張で震えが止まらない様子などを、カメラは冷酷に映しています。

         その上で、やはり私にとっての「難破船」は、中森明菜版が、いい……を通り越して、私も緊張せざるを得ないのですが、まちがえてはいけないのは、中森明菜が「事件」を起こしたことで、それは「難破船」の2年後(たぶん)だ、というのは、胸に留めるべきかと思います。中森明菜は、プライベートとはまた別に、「そういう人」なんですよね。

         ワタクシ的には、たとえ中森明菜の歌が聴けなくなっても、小さな幸せをつかんで欲しかった、というのが持論です。ぶれやすい私には珍しく、そこだけはぶれないのですが、それこそ、忖度をしない失礼な奴かもしれません、私は。

        音楽 | permalink | comments(0) | -

        「東京午前三時」

        0

           さめざめ、というバンドの新曲です。

            PIZZICATO FIVE の「東京は夜の七時」の影響かな、と思うところもあるのですが(渋谷が舞台ですし)、これはこれで、いい曲だ、と思います。

           ……と思ったところで、季里も同じ曲を取り上げていることに気づきました。私もほぼ同意見で、詞を「描ききれない」というのでラップで入れてしまうのは、本末転倒だ、と思います。

           ポップスの歌詞については、時間が空いたら研究してみたいんですが、大変な手間になるので、お約束はできません。

           ただ、私は、決められた文字数で原稿を書く仕事を、長くやっていたので、気になる、程度のことかもしれません。

          音楽 | permalink | comments(0) | -

          カラオケ(「エコエコアザラク)

          0

             先週、かみさんとカラオケに行きました。私がカラオケへ行くのは、実に、7年ぶりになります。

             かみさんとふたりだと、自然と特撮アニメ縛りになるのが、ちょっとアレですが、感動したのは、DAMにいまでも、「だったら激しいキスで抱いて」が入っていることです。

             知らない方のために説明しますと、「だったら激しいキスで抱いて」は、佐伯日菜子主演のTV「エコエコアザラク」前半のエンディングテーマです。後半は歌が変わって、同じブラウンシュガーの「気まぐれなキスでいい」になるのですが、この後半はテレビで放映されていませんので、まあ、ないのも無理はありません。それより、「だったら〜」がTV「エコエコアザラク」から20年、未だに歌い継がれていることに、喝采を贈りたいと思います。

             しかし、私はこの歌を、20年歌っているわけですが(少なくとも聽いてはいます)、まだ、歌い出しの部分の音程がとれません。残念な奴。

            音楽 | permalink | comments(0) | -

            「ゆうやけの歌」と「アイアンキング」と速度

            0

               きょうの話題は、分からない方には全然分からない、と思いますので、そういう方には申しわけないのですが、川崎洋作詞、湯山昭作曲の「ゆうやけの歌」です。

               私がLPの時代に(「アナログ盤」というべきでしょうか?)持っていた「ゆうやけの歌」は、崇徳高等学校グリークラブのもので、調べた限りでは、この崇徳高校が初演、ということになっています。全日本合唱コンクールで、崇徳高校はこの曲で金賞を受賞しました。「全日本学校音楽コンクール」とは違います。あちらはNHK主催のものです。

               その後、さまざまな合唱団がこの曲を演奏し、YouTubeを見れば、いくつもの「ゆうやけの歌」を発見できるのですが、私の好みで言えば、やはり初演の崇徳高校のものが、いちばん魅力的です。理由はごく簡単で、速いんですね、曲--が。

               いま、iTunes に入っている「ゆうやけの歌」を比べてみると、崇徳高校の初演版は8分56秒、合唱の神様:福永陽一郎先生が指揮の同志社グリークラブの演奏は、10分42秒。実に、1分46秒の違いがあります。

               で、ここからは、全く私の個人的な意見ですが、初演版は、速さに振り回されて、ちょっと歌詞が不明瞭な点もあるのですが、それも含めて、この曲のテーマになっている「若さ」を感じさせる、――と言ったら言い過ぎでしょうか。ただ、私はそう思うんですね。

               これは両極端を取っての意見なので、一般的に、この曲をいろんな意味で楽しめるものとしては、会津高校版がいいのではないでしょうか。9分17秒ですが、曲の持つ緊張感が得られる、と思います。

               

               音楽の速度というのは、けっこう微妙なもので、例えば、「アイアンキング」の主題歌は、オリジナルのものが2分43秒、同じ子門真人でほぼ同じ演奏のコロムビア・カバー版が2分52秒なのですが、わずか9秒長いだけで、もう、だれちゃって……というのが、私の感想なんですが、音楽や映像は体験なので、先に長いほうを聴いていれば、また違う感想になるのかな、と思います。難しいもんです。

               

              音楽 | permalink | comments(0) | -

              SMAPというグループ

              0

                 SMAPについて語ると、きりがないのですが、二点のみ。

                 

                 1)ばらばらの統一感――一見、メンバーがそれぞれの個性をアピールしているが、実はそれが、計算され尽くした統一感をかもし出している所。きょうは「ミュージックステーション」SPでジャニーズの各グループを見ましたが、この感覚を味わえるグループは、他にはいませんでした。厳密にはTOKIOがいるのですが、それはまた違いますし。

                 

                 2)楽曲の豊かさ――SMAPの曲と言えば、「しようよ」「がんばりましょう」「シャンプー3つ」「ダイナマイト」「夜空ノムコウ」辺りを筆頭に、とにかく、曲がいいんです。パフォーマンスとか言って、中途半端なダンスをしているようなグループではありません。そもそも歌っている曲がいいから、まずそこで惹かれますね。

                 無論、KinKi Kidsや嵐にも、いい曲はありますが、SMAPほどではない、というところです。

                 

                 結局、SMAPの何がいけなかったのかというと、それはゴシップになって、私には面白く書けないので書きませんが、後味が悪くなってしまったことは事実で、そこをつっこまれると何も言えないんですが、偶然に「WOOLOO」でSMAPを知った私には、惜しいことをした、としか言いようがありません。

                 私のような半ちくなファンでもそう思うのですから、SMAP命のファンの方々の気持ちは、よく分かります。

                音楽 | permalink | comments(0) | -

                中森明菜「FIXER」を聴く

                0

                   えーっと、中森明菜の最新オリジナル・アルバム「FIXER」を聴きました。

                   どうお伝えしたらいいか、悩んでいましたが、とにかく書いておこうと。

                   今回のアルバムは、ラテン趣味です。個々の楽曲も、ラテン的な曲として、よく磨かれています。

                   そういう意味では、これも貴重な一枚となるでしょう。

                   ただなあ……天丼だって、12杯食べれば、ちょっと……ですね。偽らざる感想としては、「全体が単調になってしまった」という、ちょっと厳しいものです。

                   中森明菜のアルバムは、なんらかのコンセプトで統一されていることが多く、その極北は「不思議」ですが、今回は、ラテンをやる、という点では、成功しています。

                   ただ、構成力が弱い。ついでに言うと、キーが低くて狭い。キーが狭いと、どうしても、曲が単調になりがちです。

                   

                   と言っておいて、このアルバムが中森明菜再起第1弾として、○か×か、と言われれば、○です。

                   オリジナル・アルバムが出ないまま、ファンをハラハラさせてきた中森明菜ですが、まだ、負けてはいません。まだ、先があります。そのことは、証明された、と思っています。

                   よく分からないでしょうが、ネットは音楽の宝庫ですので、ちょっと聴いてみてはいただけませんか。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  音楽 | permalink | comments(0) | -

                  中森明菜「FIXER」(未聴)

                  0

                     最近、ちょっとしたものをまとめて買ったので(DVD-BOXね)、緊縮財政を、と思っていたのですが、中森明菜の新譜「FIXER」が出ていたことに気づき、あわてて注文した次第です。いや、お恥ずかしい。

                     感想はもちろん、聴いてからの話ですが、期待しています。

                     

                     しかし最近、特に家電製品の故障が続き、それがけっこう大事なものだったりするので、閉口しています。DVDは、録ったものやソフトは、パソコンで見られるのですが、それもねえ……。

                     

                     中森明菜が、幸せになってくれないかなあ……って、話があっちこっち行きますが、とにかく平和が第一、ですね。

                     あすはM-1。面白いといいなあ。

                     

                     

                    音楽 | permalink | comments(0) | -

                    西条北中合唱部に栄えあれ♪

                    0

                       気がついたら、NコンことNHK学校音楽コンクールが始まっていて、高校の部は完全に見逃したのですが、中学の部は、録画しながら見ました。

                       いつも言っていることですが、いまの中学生はうまい。いずれ劣らぬ技術を持っています。その中での採点は、むずかしいことでしょう。

                       結果、賞には届かなかったのですが、私としては、西条市立西条北中学に、一票を投じたい、と思います。主な理由は、三善晃の曲を歌ってくれたから。

                       「作詞:高田敏子、作曲:三善晃」と司会が読んだ時、「おっ、『五つの童画』か?」と興奮したのですが、よりによって、『嫁ぐ娘に』を歌ってくれるとは。この曲、楽譜を見ると分かるように、六部合唱で変拍子が多い。しかも内容が、女手ひとつで育ててきた娘を嫁に出す母の心情を歌ったもので、これもハードルが高いとも言えます。

                       ただ、中学生だから母親の気持ちがわからないか、と言ったら、日本史が成り立たないわけで、私が少女主観の小説を書けない、ということにもつながりましょう。中学生でも、すでに母親のかけらみたいなものは、誰もが持つことは可能で、ただ、そこでバイアスがかかってなかったか、というのは深読みだから避けるとして、とにかく、中学生が歌う母、というのもあってもいい、と私は思いますので、その世界へ果敢に切り込んでいった西条北中には、大いに拍手をしたいと思います。

                       もし、ここを読んでいる方の中に、西条北中の関係者がいらっしゃったら、私のような一合唱ファンが、賛辞を送っていた、とお伝え下さい。立派でした。

                       しかしこうなると、高校の部では、どんな自由曲が歌われていたのか、気になりますね。これ、NHKにも責任あると思います。合唱というから、文化の日前後だ、とつい思ってしまうじゃないですか。体育の日を囲む三連休にやろうとは。いえ、ただの愚痴ですから忘れて下さい。

                      音楽 | permalink | comments(0) | -