うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「響」

0

     平手友梨奈主演の「響」のDVDを見て、ヘビーローテーションになっています。

     これは、少女ヒーローの現代の形なのか、そういう決めつけをしてはいけないものなのか、悩む所ですが、とりあえず、私は、はまりました。

     いろいろ思う所があるのですが、まだ整理がついていません。何しろ、3回目の前半までしか見ていないもので……。

     ただ、いずれにせよ、いい映画だと思います。

     

    少女ヒーロー読本 | permalink | comments(0) | -

    採用

    0

       それは私も、もの書きである以上、原稿が採用されることは何よりもうれしいのですが――。

       ほら、もう嘘をついている。一番うれしいのは、正直言って、印税が入ったときです。それはねえ……私は職業として小説を書く、と決めて三十年やってきたんですから、商売繁盛万々歳です。

       それとは別に、人生で一番、うれしかった「採用」があって、何かと言えば、ラジオの深夜放送への、葉書の採用です。

       糸居五郎、というDJをご存じでしょうか。バンドで皿を回しているDJではなく、ディスクジョッキー、つまりラジオのパーソナリティーということですが、その、日本での草分けとして、偉大な、『オールナイトニッポン』の伝説のDJです。

       書いている内に、この話は前に書いたような気がしてきましたが、まあご勘弁下さい。とにかく、その糸居五郎さんの末期に、私は寝たふりをして、布団の中で『オールナイトニッポン』を聴いていたのですが、いつの間にか眠ってしまいました。

       ――人生には、不思議な瞬間が何度かあるものですが、眠っていた私が、ふっ、と目を醒ますと、4時頃になっていたと思います。『オールナイトニッポン』の、その頃で言う2部ですね。どうして眠ってしまったのか後悔しながら、耳を傾けると、私は全身の血が逆流しました。

       (これは私の書いた葉書だ!)

       そうなんです。たまたま目が醒めたら、たまたま糸居さんが私の葉書を、読んでくれていたのです。

       葉書の内容もしっかり覚えていますが、言うほどのことではありません。とにかく、40年経ったいまでも、あの時間は忘れられません。

       そのときにリクエストしたのは、「悪魔の呪文」という海外のロックでした。

      音楽 | permalink | comments(0) | -

      出る出る詐欺

      0

         去年は本を出す、と言っていたのですが、もう2月も半ばになり、どうも危なくなってきました。

         うーん……これが出る出る詐欺ですね。正直、参りました。

         ただ、連日、書かない原稿を広げているだけでは、本当に詐欺ですので、新たな販路を求めて、大風呂敷を広げているしかないのですが。

         だって、ブログでいちばん読まれているのが「吸血姫美夕」の話題で、それが20年前の話、と言うんじゃ、情けないじゃないですか。ねえ(誰に向かって訊いている)。

         そういうわけで、かろうじて小説の世界にいる限り、「出る」ではなく「出す」、と行きたいもんです。

         

         近況も書いておくと、歯を二本治療していて、一本は抜歯、もう一本は歯根の治療ですが、楽そうに見えた歯根の治療のほうが、どうにも痛くて日々泣き暮らしています。

         まあ、虫歯は自己責任のところもありますし、とにかく治るまでやるしかないんですが。

         

        仕事 | permalink | comments(0) | -

        仮面ライダー

        0

          ネットで、昭和から平成までで、いちばんかっこいい仮面ライダーの人気投票をやっていました。たぶん、mixiのニュースから飛べると思います。 
           で、最初のページは、1:ライダー1号、2:響鬼、3:V3、となかなかのものが揃っているのですが、そのページから、4位以降のページへ飛ぶと……。 

          「1位 仮面ライダー1号 藤岡弘.、2位 響鬼 細川茂樹……」 

           となっていて、それにも関わらず、載っているライダーは、変身後のスーツになっています。 
           これは、都市伝説的な話ですが、藤岡弘(当時)は、1号ライダーが終わってから長いこと、再びライダーをやることを固辞し続け、それというのも、撮影中にスタントを演じていた大野剣友会のメンバーが、撮影中、事故でどんどん死ぬので、自分がライダーだと見られる資格はない、と考えた……というような話があったのですが、真偽のほどはさておき、私たちは、かなり小さな頃から、ライダーの中の人と変身前のライダーとは違うものなんだ、と何かのきっかけで知っていた、と思ったのですが……。少なくともV3は宮内洋じゃないと思うんですが。 
           ちなみに、私がいちばん好きな仮面ライダーは、アマゾン。理由は、ホラーだからです。 

          映画 | permalink | comments(0) | -

          年の初めの……

          0

             ぼうっとしているうちに、こんな日付になってしまいました。どうもすみません。

             いま、去年の夏で壊れた家の補修工事中で、なかなか眠れずにいます。

             ZZZZzzzz……

             あ、いかん。仕事します。

             そういうようなわけで、今年もとぎれとぎれのブログですが、生温かい目で見ていただければ幸いです。

             

            仕事 | permalink | comments(0) | -