うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

[DJ883] 夢・恋・人(藤村美樹)

0

    早見「開始早々、失敗の多い文字DJですが、またやらかしました。タイトルに日付を入れていたんですが、数字が分からなくなって、曲名に変更します」

    ブースカ「アシスタントのブースカです。父ちゃん、家にカレンダーはないんですか」

    早見「5セットあります……」

    ブースカ「あいかわらず、ぽんこつですね。で、なぜ今日は『夢・恋・人』なんですか」

    早見「特にテーマのないときは、iTunes のシャッフル機能で出てきた曲をかけています」

    ブースカ「で、『夢・恋・人』ですか」

    早見「キャンディーズが解散した後で、本当に普通の女の子になったミキこと藤村美樹が、一瞬再デビューして出したCMソングです。LPもCDもあるよ」

    ブースカ「ポイントは?」

    早見「アルバムの半分が、詞・松本隆、作・編曲・細野晴臣だということだろうねえ。重厚かつ芳醇な、お勧めアルバムです」

    ブースカ「いまでも買えますか」

    早見「買えますね。元気を出したいとき、がいいかな。スターボーを知っている人には、同系統と言えるかも知れません」

    ブースカ「スターボーの方が、知られていないのでは?」

    早見「それはまたの機会に。きょうはちょっと案件を抱えているので、またあした、またはいずれ」

    ブースカ「オラは普通のイグアナになりたいとは思いません」

     

    DJ | permalink | comments(0) | -

    [DJ883] 2019.5.23

    0

      ブースカ「アシスタントのブースカです」

      早見「DJより先に出るアシスタントがいるかい」

      ブースカ「まあまあ。ともかく、きょうのお題は初めて買ったアルバム、ですが」

      早見「それは井上陽水『氷の世界』ですね」

      ブースカ「父ちゃんの最近のリスニング傾向とは違う気がしますね」

      早見「それぐらい流行っていたのよ。おまけに『氷の世界』でしょう」

      ブースカ「なるほど。父ちゃんが棄てた故郷のイメージである、と」

      早見「まあ、雪国の歌を、九州の人が作って歌っている不思議はありましたね」

      ブースカ「父ちゃん、頑固ですからね」

      早見「頑固のことでは言われたくないなあ。で、話を『氷の世界』に戻すと、表題曲の『氷の世界』より、例えば忌野清志郎と一緒に作った曲の方が面白かったりするんです。2曲あるんだけど、1曲が『待ちぼうけ』で、もう一曲が思い出せないなあ」

      ブースカ「では、『氷の世界』一曲に絞って話しましょうか」

      早見「はい。この曲はアルバムがすごく売れたんだけど、『氷の世界』一曲で言うと、カバーがいくつかありますね。ちあきなおみとか、村下孝蔵とか、矢野詢子とか。どっちもしっとりした感じの歌になっているんですが、異色のものと言えば、荻野目洋子ですねえ。とんがったアレンジで、ヴォーカルも表現力豊かです」

      ブースカ「ベストアルバムに入っていますか」

      早見「入っていません。理由は知らないけど。『荻野目洋子ザ・ベスト』には、入ってないんですねえ。その代わり、曰くつきの『無国籍ロマンス』が入っています」

      ブースカ「無国籍、ですか?」

      早見「そうなんですよ。何がって、坂本龍一の作曲なんだけど、明らかに投げた曲ですねえ、これは」

      ブースカ「それはどの辺が?」

      早見「作詞が岡田冨美子で、この人は日本語がおかしい人です。JASRACの関係で、具体的には言えないんですが、何しろ「無国籍ロマンス」ですしねえ……。たぶん、曲が先にあったんじゃないかと思いますが、ちぐはぐなんですな。しかも、編曲は入江純という人がやっていて、パッとしないというか……」

      ブースカ「まとめると、ちぐはぐなんですな」

      早見「私が言いたいことを、言わないで欲しいなあ。まあでも、気になる方には、「荻野目洋子ザ・ベスト」に入っていますので、その筋の方の曲に興味のある方は、どうぞ」

      ブースカ「どじょ」

      早見「では、あした、またはいずれ。よい眠りを。

      DJ | permalink | comments(0) | -

      [DJ883]2019.5.20

      0

        早見「お詫びから。芹澤ヒロの話が頭から飛んでいました。ごめんなさい」

        ブースカ「あとでよくしつけとくんで」

        早見「NHKの『ヤング101』のワカ&ヒロで、ヒロの方、芹澤廣明は、ソロ活動もしたんですけれど、ぱっとしなかったところへ、偶然に80年代前半、中森明菜の「少女A」とチェッカーズのプロデュースで大当たりし、更に、「タッチ」(歌:岩崎良美)と「キン肉マン」(歌:串田アキラ)の2曲が当たって、押しも押されもしないヒットメーカーになりました。去年、アメリカデビューしたらしいですね」

        ブースカ「ワカ、つまり若子内悦郎はいかに」

        早見「主にスタジオミュージシャン、ヴォイストレーニングとして活動していたらしい」

        ブースカ「いささか地味ですね」

        早見「かもね。でも、Wiki に乗っている、「帰ってきたウルトラマン」のオープニングとか、僕は聴いていましたよ。ヤング101の卒業生には、太田裕美、上条恒彦、串田アキラ、樋口康雄、田中星児、谷山浩子などがいる。これは無視できない人たちだ、と思うんだが」

        ブースカ「で、DJ883的には違う人が好きなんでしょう」

        早見「まあね。人と同じものが好きだ、と主張したくないんだな」

        ブースカ「まだまだ語りたそうですが、DJ、寝る時間です」

        早見「最近、時間がないなあ……それでは、ヤング101の出ていたステージ101で、一番有名な曲をかけてお別れです。僕は「涙をこえて」が大好きなんですが、ここは譲って、「怪獣のバラード」をおかけします。それでは、またあしたまたはいずれ」

        DJ | permalink | comments(0) | -

        [DJ883] 2019.5.19

        0

          早見:DJタイトルは、[DJ883] にしました。そこで一曲目は、『ビター・スウィート・サンバ』」です。

          ブースカ「アシスタントのブースカです。それって『オールナイトニッポン』のパクりではありませんか」

          早見「すぐにパクりとか言うのは、いやな感じだなあ。曲を使っているわけでもなく、タイトルには著作権がないのだから、オマージュと思ってくれるとうれしいんだけど。今回限りだし」

          ブースカ「まあ、いいでしょう。で、[DJ883] は何の由来ですか」

          早見「Shin-G.Hayami を逆さにしたのですよ」

          ブースカ「なるほど。それはなるほどですね」

          早見「それはそうと、初のお便りがきました。Aさんからです」

           

          >トランスミッターとはまた懐かしい……物理や電子工作大好きで放送部員だったうちの兄も、

          >当時の高校生の小遣いでは高い、そのトランスミッターを買って、家にありました。それと

          >マイキットや電子ブロックを組み合わせて宝探しゲームで楽しませてくれていました。

           

          ブースカ「Aさん、ありがとうございました。

          早見「トランスミッターに反応していただけました。ありがとうございます。うちでは、電子ブロックではなく電子……なんとかというのがあって、ゲルマニウムラジオや太陽電池を作ったものです」

          ブースカ「その割に、父ちゃんは純文系ですね」

          早見「それでは君は、沖縄に引っ越すのに、ラーメンがないのを気にしなかったのかね」

          ブースカ「ぐっ、、、、、でも、沖縄にラーメン屋が目立ってきたのは、ここ数年のことでしょう」

          早見「考えてもみなかったなあ。沖縄には、いまは日本そばもあるようになったんだよ」

          ブースカ「むむむ。喜んでいいのかどうか、微妙な問題ですね」

          早見「そういう微妙な問題が出たときは」

          ブースカ「ときは」

          早見「眠ってしまえ」

          ブースカ「それが、萩本欽一の番組で中島陽典がデビューしたときのギャグだと、誰が知っていることでしょう」

          早見「中島陽典が『禁じられたマリコ』で端役で出ていたことは、……ああ、きりがないな。それではきょうはこの辺で。きょうのエンディングは、潮村修の「映画『ときめきに死す』のエンディング曲です。それではきょうはこの辺で。またあした、またはいずれ」

          DJ | permalink | comments(0) | -

          「DJ」2019.5.10

          0

            どうも、早見慎司です。

            「アシスタントのブースカです」

            きょうは、パソコンの具合が悪いので、写真はなしということで」

            「また、へんなとこ、いじったですか」

            それが、ふだん使ってるブラウザが、使えなくなったのよ。

            「へんなウイルスメールとか開いてないですか」

            そこまで焼きが回ってない! と言いたいとこなんだけどねえ……。

            「自信ないですか」

            私のWebへの自信は、MS-DOSから先、全然ないんだな、これが。

            「MS-DOSとDos攻撃って、紛らわしいですね」

            脱線したけど、そういうわけで、使いたくないけど、Bingを使うしかないのかね」

            「なんでBingを毛嫌いしてるですか」

            なんとなく。

            「そゆことだから、いろんな人に嫌われるんで……もご、もご」

            過去は過去、未来は未来、いまはいま。ということで、ひとつ忘れていたのが、この文字DJのオープニング曲なんですね。

            「いい曲があったら、推薦して下さい。賞品は、いまのところ出ないですが」

            それでは、エンディングはPSY・Sの「SIGNAL」から「氷のヴィジョン」です。ではまたあした、またはいずれ。

             

            DJ | permalink | comments(0) | -