うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ウォーキング

0

     最近、ウォーキングにはまっていて、ブログを書く時間がありません。

     私は、自動車や人間が近づいてくるのが怖いので、散歩は早朝にするのですが、わりあい近くのコンビニまで行って、おやつを買って帰るのが、日常になっています。

     せっかく散歩をしているのに、おやつを買うのは意味がない、と思われるでしょうが、私はダイエットをするのより、特に足の筋肉を育てたいので、これでいいのです。そして、何も買わずにコンビニを出てくるのが嫌いなのです。

     もう一週間ぐらいになりますが、いまのところ、順調に歩けています。

     ただ、私はきわめてラフな格好で出歩いているので、コンビニの店員さんは、胡乱な奴だ、と思っているかもしれませんね。ラフとフォーマルがあって、それ以外の「普通の」服装がないのです。申し訳ない。

     

     最近、季里のブログと私のブログが似通ってくることが多いように思いますが、それは、やがて分かるか、分からないかでしょう。

    日常 | permalink | comments(0) | -

    宣伝(マンガ図書館Zオリジナル)何もない、夏の一日。

    0

       水淵季里のシリーズ、いまのところの最新作は、「何もない、夏の一日。」です。この本は、マンガ図書館Zオリジナルとして、PDFファイルを324円で買うことができます。決済は、クレジットカードとビットキャッシュが使えるようです。無料の会員登録をすれば、立ち読みもできます。(2017年5月現在)。

       この作品は、編集者の入らなかった小説です。4つの短編からなる連作短編集で、新しい人物として、パートの小池さんと、季里の後輩・蓮が登場します。

       アイディアそのものは、かなり昔から考えていたものですが、商業ベースに乗らないことがほぼ確定したので、ちょうど、マンガ図書館Zの方から誘われて、そういう出し方もあるか……と思って、とにかく出してみました。

       なお、マンガ図書館Zには、いままでにご紹介した季里の全作品と、残る2つの作品が収められていますが、ちょっとした問題で、「早見裕司」で検索するものと、「早見慎司」で検索すると出てくるものがあります。よろしくご観覧下さい。

       

      仕事 | permalink | comments(0) | -

      【宣伝】(マンガ図書館Z)「ずっと、そこにいるよ。」

      0

         水淵季里の本の中で、最後に紙の本で出たのが、「ずっと、そこにいるよ。」です。理論社刊ですが、現在は、絶版にしています。

         この本については、そうですね……水淵季里を、ラノベではなく児童書の枠でなら出せるのではないか、という目論見だったんですが、結果的には、まあ、そういうことです。

         最も、私にも少しだけ言いたいことはあって、水淵季里の本は、どんな編集者に見せても、「いいですね」、とそのまま通してしまうんです。EXノベルズも、朝日ソノラマですら。

         「ずっと〜」の場合も、編集者からのフィードバックがほとんどないまま、本になってしまったんですが、私も趣味全開で書いて、売れる、ということを考えていなかったのは、事実です。

         あとで担当者から、「一冊、本が売れると(「となりのウチナーンチュ」のこと)、ご褒美的に1冊は、出したい本を出せるんです」、と言われて、ああ、こういう世界もあるんだなあ、と思いましたが、そういうことは先に言って欲しかったですね。まあ、編集者に根本的な責任はありません。著者は私ですから。

         ネガティヴなことばかり書いてしまいましたが、この本は、尊敬する哲学者・大森荘蔵さんの認知論にかぶれて書いたもので、かなり難しい話になっています。また、季里のキャラクターが、かなり変わってきているのも分かります。他人ごとのように言っていますが、6話の連作のうち、3話は、まあまあ思い通りに書けた気がします。読むのは無料ですので、ご一読いただければ、と思います。

         季里の本はあと一冊、それから派生した本が2冊ほどありますので、更新が遅れがちのブログですが、読んでいただければ幸いです。

         

         

         

        仕事 | permalink | comments(0) | -

        病気見舞い

        0

           かなり親しい人が、急に心臓の発作を起こして、入院しました。

           細かいことは省きますが、心臓を切開しないといけないようです。

           今週の半ばには、手ぶらで見舞いに行きましたが、かみさんかれは、「こういうときは洋菓子か果物でしょうが」、と厳しく言われ、あとでまた、雪塩ちんすこうでも買っていこうか、と思います。雪塩ちんすこう、大したお菓子ではないんですが、コストパフォーマンスがいいんです。まあ、失礼にもならない程度のものでして。

           

          - | permalink | comments(0) | -

          宣伝(マンガ図書館Z)「精霊海流」と幻のサーガ

          0

             水淵季里4作目の「精霊海流」「ずっと、そこにいるよ。」「何もない、夏の一日。」の3作は、現在、マンガ図書館Zでしか読めません。

             立ち読みができるので、ご利用いただければ幸いです。

             

             「精霊海流」は、水淵季里の連作の中で、特異な存在です。

             その前に、この本が、マンガ図書館Zでしか読めないのは、イラストレイターの方が、電子化を拒否しているからです。なぜイラストレイターが拒否すれば、自分の本が出せなくなるのかは、理解に苦しむのですが、取り決めなので、しかたありません。読めるだけ幸い、というところでしょうか……。

             で、「精霊海流」ですが、「夏の鬼 その他の鬼」の続き、という設定ですが、文章などが、シリーズとして見たとき、ちょっと不思議な印象をいだくかもしれませんが、実は、この本は、1994年に着想を得たもので、それまで書けなかったのが、書けてしまったので、逆に「出るべくして出た」本、と言えるでしょうか。

             1994年は、沖縄でSF大会が開かれた年で、この大会に招待されたので、友だちもいるし、行ってみようか……とほいほい行ったばかりに、いまの私があるのですが、その大会で、あれはなんの集まりだったのか分かりませんが、10人ぐらいの人と徹夜で雑談をしたときに、「剣も魔法も出てこないファンタジイはないものか」という話になって、私が「できますよ」、と即答してしまったのですね。

             私の長編は、だいたい思いついてから、できあがるまでに10年かかるのですが、まさに10年かかっての完成でした。

             担当のIさんは、ずっと昔から知り合いで、Iさんをうならせる作品を書くことが、目標のひとつでもあったのですが、あまり細かい直しは出ませんでした。戦闘シーンを作って、というご要望は、あったはずです。

             10年のうち、5年ぐらいはひたすら取材で、沖縄のディープな話などもマイクロカセットコーダーで何本と録ったのですが、いざ沖縄に住んでみると、主に土地勘の問題で、あまりうまくは活かせませんでしたね……。

             ただ、沖縄を舞台にしたファンタジイは、池上栄一さんなどはいますが、意外に数が少ないので、また別の視点で書こう、と思ってはいます。

             なお、これはいまのところ古本でしか読めないのですが、「少女武侠伝 野良猫オン・ザ・ラン」という小説がありまして、冒頭を読んでいただくと分かるのですが、季里たちのその後、という設定で書かれています。

             そちらのほうも続けて書いて、結局、季里の孫が亜熱帯化した東京で剣をふるって闘い、人類の歴史が終わる、という長大な計画を立てていたのですが、いまとなっては(「BLOOD+」や池上さんの「シャングリ・ラ」が出た後では)、書くことは、非常に難しい、というか、XXの後塵を拝するのはまっぴらごめんなもので、しかたありませんね。

             実は、「マルス・エイジ」と名付けた、亜熱帯の東京でのチャンバラは、生まれて初めて持ち込みをした(で、没になった)作品で、その後、何度か企画を出して、ことごとく没になっている作品なのですが、いまは前述の理由で、青春の思い出にしたほうがよさそうです。

             話がそれましたが、そういうわけで、「精霊海流」、取材をした割には、考証には数々問題がありますし、神さまが出てくるシーンはかなり不評でしたが(無理もない、と思います)、愛すべき失敗作、というところでしょうか。作者が失敗、と言っちゃいけませんけど、この後、シリーズが大幅に路線変更するので、私にとっては愛すべき、といったところです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            仕事 | permalink | comments(0) | -