うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

出る出る詐欺

0

     今年の(即ち一年前の元日の)年賀状に、「今年は本を出します」と(「出ます」でも、「出したいと思います」でもなく)、威勢のいいことを書いていたのですが、結局、出ませんでした。

     まあ、いろいろあって、公私ともにぎりぎりでやっていたら、あと一ヵ月で今年も終わり、完成原稿もなし……、ということになってしまったのですが。ふがいないことです。ごめんなさい。

     来年こそは、なんとか2冊、出したいのですが、すべては天の配剤ですから、まあ、「出そう」程度にしておきます。

     しかし、世の中には「奇禍」というものはあるものですね……。

     

    仕事 | permalink | comments(0) | -

    レコード大賞&紅白

    0

       年末も近づき、レコード大賞と紅白の録画を編集しています。

       ……といっても、もちろん今年の録画ではありません。昨年末のやつです。

       うーん、最優秀新人賞のこぶしファクトリーってなんだったかな……というほど、一年というのは長く、そして、小説を書き上げるのも、……いや、正確には、〆切はあっという間にやってきますねえ。

       とりあえず、中田ヤスタカが編曲賞、というのは、妥当だと思ったりしながら、DVDレコーダーを流しながら、きょうも小説を書いています。今年中には終わるはずだったんだが、いや、とにかく上げたらまたご報告します。

       

      音楽 | permalink | comments(0) | -

      乾燥肌

      0

         この2,3,4,……年、乾燥肌に悩まされておりまして……毎朝洗顔するたびに、皮膚科でもらった保湿の乳液と皮膚病の薬をつけているのですが(乳液は一日に数度)、これがあまり芳しくなく、人前に出るのがおっくうです。

         で、説明すると長くなるので略しますが、行きつけの床屋へ行くのもおっくう。というのは、乾燥に伴ってできるかさぶたが、耳たぶの後ろに広がっているんですが、耳たぶの後ろにかさぶたがあるのは、放浪者の証拠だからです。

         それでも、床屋へ行かないと、なんといっても頭がぼうっとして体が動かないので、徹底的に洗顔をして、すぐに家を飛び出して出かけました。

         ここまでが前段です。

         で、行きつけの床屋というのが、浦添市でも評判が悪い店なんですが、私はここで一度も嫌な目に遭ったことがなく、不思議に思っているんですが、きょうも、ごくスムーズに、注文通りに刈ってくれて、さっぱりして帰ってきました。

         その、帰りのタクシーの中(我が家には車がありません)、

        運転手さん「早見さんは、皮膚病ね」

        私「いやー、それが特に冬になると、かさかさになってかさぶたができて〜」

        運「肉を食べた方がいいよ」

        私「……肉ですか?」

        運「そう。週に二回は肉を食べないと、かさかさになるよ〜」

         うーん、中性脂肪の増加で黄信号が出ている私としては、ちょっと考えてしまうところですが、脂は体ではできない……のかな? とにかく、その人は、そう言いました。

         

        日常 | permalink | comments(0) | -

        見られない映画

        0

           もう、2回も録画して、結局消して、また録画したままの映画が、「貞子VS伽椰子」です。

           理由は簡単で、怖いからです。いや、私の経験上、この映画が「リング」や「呪怨」より怖くなる可能性はごく低いですが、「リング」も「呪怨」も真っ昼間に友人と見て、あれだけ怖かったのだから、いま一緒に昼間見るような友だちがいないワタクシは、これを見たら絶対、書庫へはいけないな、と思ってしまうのです。

           そんな奴がホラー作家を標榜するな、という話ではあるんですが。

          映画 | permalink | comments(0) | -

          前沢社長が月へ連れて行くべき日本人

          0

             ということで、月へどんなアーティストが行くか、驚くほど話題になっていませんが、「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」という歌があるのを知らないか、といったまともそうな反応はさておき、日本人のアーティストも、最低ひとりは連れて行くでしょうね。

             日本を代表するアーティスト、ということで、いろいろ考えてみたんですが、いまさらオノ・ヨーコでもあるまいし、きゃりーぱみゅぱみゅでも、今ひとつ。他の分野はよく知らない。

             と、考えてみると、やはり、あの人しかいないでしょうね。

             

             ピコ太郎。

             

             マジレスで怒る人がいるかもしれませんが、小学生に将来の夢はユーチューバーと言わせ、日米友好の橋渡しとなり、小学生程度の英語力で世界を動かす人ですよ? そんな人、他にいますか? 国内では通じる人でも、世界となったらピコ太郎にはかなわない。

             ということで、世界を代表する日本人アーティストとして、私はピコ太郎を推すものです。

             無事、帰ってきたときのネタも、もう分かっています。

             アイ・ハブ・ア・ペン アイ・ハブ・ザ・ムーン ウーン ペン・ムーン (ゴージャスかよ)

             いや、でも、私も、90%冗談ですが、残りの10%は、「誰にせよ、剛力彩芽よりはいいだろう」という意見です。剛力彩芽を月に連れて行ったからと言って、神がかった演技をするようになる……とは思えないし、なったらそれはそれで東宝特撮的にこわいですし。

             椎名林檎とかレディ・ガ・ガとか、まじめに考えてみたんですが、そんなことは私の考えることではないので、あとは社長の道楽を生温かく見守るのみであります。翔べ! ピコ太郎。

             

            日常 | permalink | comments(0) | -