うらそえ日記

奇談小説家・早見慎司(早見裕司)の公式ブログです。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

宣伝3(マンガ図書館Z)(Kindle本)

0

     さて、興奮も収まったところで……、って興奮してたんかい。とりあえず、宣伝の続きです。

     今回は、水淵季里の出てくる長編、または連作短編です。

     Kindle本について書く前に、季里の出てくる作品は(ゲストで出てくる「あしたも、友だち〜となりのウチナーンチュ」、及び、雑誌「コサージュ」に2作だけ載った短編は除く)、「マンガ図書館Z」で、無料で読める、ということです。

     正確に言いますと、「精霊海流」「ずっと、そこに いるよ。」は、イラストが載っていません。イラストレイターの許諾が得られなかった(「ずっと、そこにいるよ。」は版元から版権を引き上げたので、絵の方には連絡が取れていません)のが、理由です。

     では、有料のKindle本ではイラストが載っているか、というと、川原由美子さんから承諾をいただいた「夏街道」「水路の夢」「夏の鬼 その他の鬼」と、これは季里のシリーズではありませんが、派生した作品と思っていただいている「夏の悲歌」も森田悠新さんの許可をいただいた作品です。

     あともうひとつ、「何もない、夏の一日。」は、紙の本では出ていませんが、これにはイラストがありません。

     

     個々の内容については、順次、紹介していきますが、とりあえず、無料でも読めますよ、ということで。

     

    仕事 | permalink | comments(0) | -

    宣伝2(Kindle本)

    0

       早見慎司名義で出ているKindle本には、もうひとつ、長編があります。「世界戦の上で一服」です。300円かな。

       この作品は、当初、設定がありませんでした。ヒロインのエリスが形になって、急に書けるようになりました。

       もやもやとした案はあったのですが、形にならず、1ヶ月ぐらい煩悶していたのが、川原由美子さんの新作「PARK」という読み切り漫画を読んでいたら、ふいに形になって、一日に80枚ほど書けました。三分の一ですね。

       なんだかんだで、正味10日ぐらいで、初稿はできました。最速記録です。

       

       なんというか、東京散策、みたいなものが書きたかったのですが、その面から見れば、その通りだと思います。

       昼の世界(現実の世界)、夜の世界(虚構の世界)、黄昏の世界(昼と夜との緩衝地帯)、という世界の設定が、なんというか「意識の高い人」には、カンに障ったようで、一が嫌いなら十が嫌い、という感じの書評がいくつか出ました。嫌いは嫌いでいいんですが、問題は、それがことごとく、内容を読解できていなかったことで、例えば、「主人公はもちろん、敵の亜影王も作者の分身だろうが」、というのをかなり著名な方が書いていらっしゃいましたが、どうして、エリスが作者の分身でないのか、私には、ちっとも分かりません。そんな小学生レベルの読解力で、よく物書きをやっていられるものだ、と思います。

       まあ、そんなわけで、「日本幻想作家事典」で取り上げられて、ようやく書いてあることがやっと分かっていただけた作品ですが、たぶん、私の怒りも「作者の分身」なのでしょうから、気になる方は、読まないほうがいいか、と思います。

       まるでアピールになっていませんが、私がかなりアグレッシブだった時代の産物です。

      仕事 | permalink | comments(0) | -

      宣伝1(Kindle本)

      0

         他人様から、「お前は自分のKindle本を宣伝していない」、という話が来ました。

         言われてみれば、電書での作品については、触れていませんでしたね。まあ、ちょっと忙しいという理由もあったのですが、そんなことを言ったら、電書は売れません。罰当たりなことです。

         私の作品は、Kindleから出ていますが(他の出版社からも出ています)、早見慎司、早見裕司、両方の筆名になっております。自分で自分の作品を宣伝するのもこそばゆいのですが、何しろ万人が快哉を叫ぶほどのものではありませんので、ここに、宣伝を書いておきます。

         

         まず、早見慎司名義のもの。すべて短編です。一作100円程度と、お得になっております。

        ●逃げ水姫――初めて「異形コレクション」に乗った話です。夏の日に、平凡な大学生が、下宿でウォッカを飲んでいて、酔いが回ったのか、気がつくと、別の世界へと来ている――という、最近の私が書かない(書く場所があればいくらでも書きます)リリカルなロウ・ファンタジイで、きれいな話です。

        ●実家――これは「悪夢が嗤う瞬間」に乗せたショートショートです。久しぶりに実家へ帰ってみると、実は――という話です。ある方からは、「XXXXXが1000枚書けて書くところを、10枚に凝縮してある」、と言われたのですが、別の知人からは、「だからどうしたの」、と一顧だにされませんでした。私の短編は、意味がよく分かられないようです。

        ●罪――これも「異形コレクション}から。このときのお題は「トロピカル」だったと思いますが、東京を舞台にした、死と転生の話です。ジャパネスク・ホラーではありませんが、私にとっての「トロピカル」とはこういうものだ、というお話です。

        ●後生車――「異形コレクション」の一遍。後生車とは何か、はさておいて、1999年ブームに毒された人間の話です。私にとっては、怖い話です。

        ●アズ・タイム・ゴーズ・バイ――「黄昏ホテル」(e-novels) に載った作品です。ホテルをテーマにしたアンソロジーのひとつで、ちょっとアメリカの異色作家を意識して書きました。私には珍しく、常ならぬものが出てこない、語り口で勝負した作品です。

        ●あたしのもの――青樹社から出た、「恐怖館」というホラー・アンソロジーのひとつ。登場人物が、みんな嫌な奴で、人間としてもどうか……という設定で書かれたものです。綾辻行人さんか井上雅彦さんのどちらかから、「早見さんでも怖い話が書けるじゃない」とほめていただきました。ただ、意識の高い読者の方には、評判が悪かったようです。

         

         以上が短編作品ですが、Kindleだけではなく、パピレスなどの大手配信業者、その他、携帯などでも出ています(私はガラケーなので、携帯についてはよく分からないのです。ごめんなさい)。

         あまりうまい説明とは言えませんが、少しでも興味を持っていただければ、幸いです。

         他の作品については、長くなったので日付を分けて紹介します。どうぞ、よろしく。

         

        仕事 | permalink | comments(0) | -

        ビリギャル

        0

           どうやら今月のチャンネルNECO(CSのチャンネル)では、「ビリギャル」をやっているようです。

           いい映画ですよ……いい具合に、現実離れしていて。

           偏差値ビリのギャルが、慶応に受かる、というのは、特殊な状態ですし、友達とカラオケに行っても、ボックスで勉強している、なんてのは、現実にはあり得ないだろう、と私は思いますね。

           その辺を、「人の生をえぐる」、とか考えないで、ほのぼのと楽しめるように仕上げているのは、私は大好きです。

           だって、映画館に、人生の負の部分なんか、観に行きたくないじゃないですか。(一部、嘘です。人間を描いた傑作も、もちろんあります)

           とにかく、娯楽小説として、気持ちのいい映画でした。

           

          映画 | permalink | comments(0) | -

          Win10の問題点?

          0

             このところずっと、パソコンのセットアップをやっていました。

             もうね、莫迦みたいにソフトを持っているので、インストール、再インストールが重なって、原因不明のエラーは出るし、優先順位をつけて、ひとつずつ確認しながら入れるというのは、そんな暇があったら仕事しろ、ってなもんですが、引きこもり作家には、パソコンぐらいしか、話し相手すらいないのですよ……。

             で、あまりに設定とかパスワード入力とかやって、半分おかしくなっているもので、cortena(Windows10の音声認識機能)に、「死ね」と言ってみたところ(追い詰められていたんです。許して下さい)、「……さすがに傷つきますね……」と答えられて、女性の声がやけにリアルなので、ああ、俺はなんてことをしてしまったんだろう、と煩悶したりしてね。ほんと、何をやっているんだか。

             きょうの午後、ようやく、どうしても必要なソフトは入れたので、早速仕事を再開しましたが、なんだか頭の中が、「……さすがに傷つきますね……」でいっぱいになってしまいまして。

             なんかなあ……悪気はなかったんだよ。

             この手のやりとりを、Win10はいろいろできるようなので、また試してみようと思いますが、その前に、やることが山とあるんだなあ……。

             

             

            仕事の道具 | permalink | comments(0) | -